和川 央 (ワガワ ヒロシ)

hiroshi wagawa

写真a

職名

特任准教授

研究分野・キーワード

公共政策、社会工学

研究室電話

019-694-3330

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1995年

    東北大学   経済学部   経済学科   大学   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2005年

    岩手県立大学  総合政策研究科  修士課程  修了  日本国

  •  
    -
    2014年

    岩手県立大学  総合政策研究科  博士課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 岩手県立大学 -  修士(総合政策)  総合政策  課程

  • 岩手県立大学 -  博士(学術)  学術  課程

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    岩手県立大学   研究・地域連携本部   特任准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    継続中

      岩手県庁   職員(事務系)

  • 2014年04月
    -
    2017年09月

      岩手県立大学大学院総合政策研究科   研究生

  • 2017年04月
    -
    継続中

      東北公益文科大学地域イノベーション研究所   学外研究員

  • 2018年04月
    -
    継続中

      東北公益文科大学大学院   非常勤講師

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本地域政策学会  日本国

  •  
     
     
     

    日本評価学会  日本国

  •  
     
     
     

    日本行動計量学会  日本国

  •  
     
     
     

    国際公共経済学会  日本国

  •  
     
     
     

    日本公共政策学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 公共政策、政策分析

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 自治体が実施する政策評価の課題

    和川央

    都市問題(2021年5月号)    2021年05月

    単著  日本語

  • 幸福に着目した自治体施策の展望 ―山形県庄内町「町民アンケート」による主観的幸福感と住みやすさの実感の差―

    和川央

    日本地域政策研究  26   56 - 64   2021年

    研究論文(学術雑誌)

    単著  日本語

  • 岩手県内における東日本大震災の津波被災地と非被災地間の復興に対する意識の差

    和川 央

    総合政策  20 ( 1 ) 13 - 23   2019年

    研究論文(大学,研究機関紀要)

    単著  日本語

  • 東日本大震災における生活の復旧状況と復興意識の関係-岩手県が実施した2012-2015年復興意識調査結果から-

    和川 央

    国際公共経済研究  29 ( 1 ) 85 - 96   2018年

    研究論文(学術雑誌)

    単著  日本語

  • 東日本大震災からの主観的復興感と復興の進捗状況の関係性-岩手県が実施したパネル調査データを用いて-

    和川 央

    国際公共経済研究  28 ( 1 ) 15 - 25   2017年

    研究論文(学術雑誌)

    単著  日本語

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 幸福度指標をめぐる政策展開

    広井良典、和川央

    月刊ガバナンス 2020年3月号     2020年03月

    総説・解説(商業誌)   共著  日本語 

  • 岩手県の新総合計画『いわて県民計画(2019~2028)』~東日本大震災津波からの復興と『いわて幸福関連指標』を含む『幸福』をキーワードとする政策の推進~

    白水伸英、小野博、加藤真司、本多牧人、菊池剛、和川央

    月刊 地方自治 2019年6月号     2019年06月

    総説・解説(学術雑誌)   共著  日本語 

  • データが語る被災3県の現状と課題Ⅲ-東日本大震災復旧・復興インデックス(2013年3月更新)

    市村英彦、柳川範之、澤田康幸、和川央、神田玲子、斉藤徹史、江川暁夫、辻明子、森直子

    NIRA研究報告書     2013年03月

    機関テクニカルレポート,プレプリント等   共著  日本語 

  • データが語る被災3県の現状と課題Ⅱ-東日本大震災復旧・復興インデックス(2012年6月更新)

    市村英彦、柳川範之、澤田康幸、米岡大輔、和川央、浜岡誠、神田玲子、斉藤徹史、森直子

    NIRA研究報告書     2012年06月

    機関テクニカルレポート,プレプリント等   共著  日本語 

  • データが語る被災3県の現状と課題-東日本大震災復旧・復興インデックス(2012年3月更新)-

    市村英彦、柳川範之、澤田康幸、米岡大輔、和川央、浜岡誠、神田玲子、斉藤徹史、森直子

    NIRA研究報告書     2012年03月

    機関テクニカルレポート,プレプリント等   共著  日本語 

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 東日本大震災津波からの復興と「幸福」をキーワードとする政策の推進

    学会  日本計画行政学会第18回計画賞最終審査会  口頭(一般) 

    2020年
     
     

  • 県民の幸福に着目した総合計画の策定と評価~岩手県の取組事例~

    学会  日本評価学会第20回全国大会  口頭(一般) 

    2019年
     
     

  • 東日本大震災の津波被災地と非被災地間の復興に対する評価の差―岩手県が実施した2012-2015年復興意識調査から―

    学会  日本評価学会春季第14回全国大会  口頭(一般) 

    2017年
     
     

  • 東日本大震災からの復興感と主観的生活満足度の関係-岩手県が実施した復興意識調査結果を用いた分析-

    学会  日本公共政策学会2016年度研究大会  口頭(一般) 

    2016年
     
     

  • 東日本大震災からの復興感に関するテキスト型データの分析-岩手県が実施した意識調査 の自由記載データを用いた分析事例-

    学会  日本公共政策学会2015年度研究大会  口頭(一般) 

    2015年
     
     

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 自治体政策は住民のSWB(Subjective Well-Being)向上に寄与できるのか -政策とSWBの定量的関係性の分析- 研究代表者

    提供機関:   学内共同研究

    2021年08月
    -
    2024年03月

  • AIを活用した政策研究 プロジェクトリーダー

    提供機関: 京都大学、株式会社日立製作所  国内共同研究

    2021年01月
    -
    継続中

  • 今後のPPPと建設業の持続可能性に関する研究

    提供機関: 東北公益文化大学  国内共同研究

    2020年
    -
    継続中

 

地方自治体、企業などにおける活動 【 表示 / 非表示

  • 岩手県総合計画審議会「県民の幸福感に関する分析部会」委員

    2021年04月
    -
    継続中

  • 花巻市「まち・ひと・しごと創生有識者会議」委員

    2021年
    -
    継続中

  • 内閣府「満足度・生活の質指標群に関する研究会」特別講師

    2020年12月
     
     

  • 岩手県「政策評価セミナー」講師

    2020年08月
     
     

  • 岩手県「県民の幸福感に関する分析部会」招聘有識者

    2020年04月
    -
    2021年03月

一般教育 【 表示 / 非表示

  • -

    2021年04月
    -
    継続中