高屋敷 麻理子 (タカヤシキ マリコ)

Takayashiki Mariko

写真a

特記事項

-

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2015年03月

    岩手県立大学  看護学研究科  成人看護学(がん看護CNS)  修士課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 岩手県立大学 -  修士(看護学)  課程

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1997年08月

      岩手医科大学附属病院   職員(医療系)

  • 1998年04月
    -
    2003年06月

      北海道恵愛会札幌南一条病院   職員(医療系)

  • 2003年07月
    -
    2006年03月

      日本赤十字社 盛岡赤十字病院   職員(医療系)

  • 2006年04月
    -
    2011年03月

      公益法人 がん研有明病院   職員(医療系)

  • 2011年04月
    -
    2019年03月

      日本赤十字社 盛岡赤十字病院   職員(医療系)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2008年03月
    -
    継続中
     

    日本がん看護学会  日本国

  • 2009年04月
    -
    継続中
     

    日本緩和医療学会  日本国

  • 2017年04月
    -
    継続中
     

    日本死の臨床研究会  日本国

  • 2019年07月
    -
    継続中
     

    岩手看護学会  日本国

  • 2015年07月
    -
    継続中
     

    東北緩和医療研究会  日本国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 臨床看護学

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2023年度  成人看護学実習[成人看護実習]後期

     
     
     

  • 2023年度  卒業研究[成人看護学]

     
     
     

  • 2023年度  卒業研究[成人看護学]

     
     
     

  • 2023年度  エンドオブライフケア論

     
     
     

  • 2023年度  成人生活ケア論

     
     
     

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 青森県立保健大学 前期博士課程  緩和ケア演習(CNSがん看護)

  • 青森県立保健大学 前期博士課程  がん薬物療法看護演習(CNSがん看護)

  • 青森県立保健大学 前期博士課程  緩和ケア論(CNSがん看護)

  • 岩手医科大学附属病院高度看護研修センター(緩和ケア認定看護師養成課程)  倫理的な問題の解決へのアプローチ

  • 岩手医科大学附属病院高度看護研修センター(緩和ケア認定看護師養成課程)  エンドオブライフケア(エンゼルケア)

全件表示 >>

指導学生数及び学位記授与者数 【 表示 / 非表示

  • 2023年度

    卒業研究指導

    :

    3人

    研究指導:博士(前期)課程

    :

    研究指導:博士(後期)課程

    :

    学位記授与者数:博士(前期)課程

    :

    学位記授与者数:博士(後期)課程

    :

  • 2022年度

    卒業研究指導

    :

    3人

    研究指導:博士(前期)課程

    :

    研究指導:博士(後期)課程

    :

    学位記授与者数:博士(前期)課程

    :

    学位記授与者数:博士(後期)課程

    :

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2021年10月
    -
    継続中

    青森県立保健大学前期博士課程(がん看護CNSコース)非常勤講師

  • 2012年07月
    -
    継続中

    岩手医科大学附属病院高度看護研修センター 緩和ケア認定看護師教育課程非常勤講師

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • A看護系大学の学生の学内実習における成人看護学実習での学び その2-周手術期にある患者のストーマケア,退院指導を通しての学び-

    共同研究  

    成人看護学実習,学内実習,ストーマケア指導  

    機関内共同研究  

    2021年01月
    -
    2021年02月
     

  • 外来化学療法を受けている切除不能膵臓がん患者の療養体験

    膵臓がん,stageⅣ,緩和ケア,外来化学療法  

    個人研究  

    2014年06月
    -
    2015年03月
     

著書 【 表示 / 非表示

  • Basic&Practice 看護学テキスト 統合と実践-看護倫理 改訂第2版

    川口孝奏,江守陽子,他 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 倫理カンファレンス )

    単行本(学術書)  日本語

    株式会社 Gakken  2023年01月

  • 臨床倫理の考え方と実践 医療・ケアチームのための事例検討法

    清水哲郎,会田薫子,田代志門 他 (担当: 単著 , 担当範囲: 意向/価値観が対立するとき ②患者と病棟看護師の間 )

    日本語

    東京大学出版会  2022年01月

  • rakura(ラ・クラ)

    高屋敷 麻理子 (担当: 単著 , 担当範囲: 患者と家族に寄り添う看護であるためにその人の力を信じて待つ )

    その他  日本語

    川口印刷工業株式会社 ラ・クラ編集室  2021年08月

  • 看護管理

    石垣靖子,高屋敷麻理子 (担当: 共著 , 担当範囲: 自我を圧縮し、共に考え、共に悩み、信じて待つ-真に「寄り添う看護」を医療チームで実現するための私の哲学- )

    その他  日本語

    株式会社 医学書院   2021年06月

  • 看護管理者のための臨床倫理・組織倫理入門

    清水哲郎,菅原秀子,出村淳子,濱口恵子,高屋敷麻理子 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 第3章 座談会:倫理を志向する組織と人をどう作り・育てるか )

    その他  日本語

    株式会社 メディカ出版  2021年03月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • A看護系大学の学生の学内実習における成人看護学実習での学び その2-周手術期にある患者のストーマケア,退院指導を通しての学び-

    高屋敷麻理子,及川紳代,内海香子,金子香奈子,細川舞,中村藍,藤澤由香

    岩手県立大学看護学部紀要  25   79 - 98   2023年03月

    研究論文(大学,研究機関紀要)

    単著  日本語

  • 外来化学療法を受けている切除不能膵臓がん患者の療養体験

    高屋敷麻理子,菊池和子

    岩手看護学会誌  13 ( 2 ) 27 - 40   2019年11月

    研究論文(学術雑誌)

    共著  日本語

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 新人看護職員における社会人基礎力と臨床実践能力の自己評価

    学会  第16回岩手看護学会学術集会  (岩手県立大学)  口頭(一般) 

    2023年10月
     
     

  • ルーラルでのがん看護専門看護師よる相談ステーション活動

    学会  日本ルーラルナーシング学会第18回学術集会  (ニューグリ―ピア津南(新潟))  口頭(一般) 

    2023年09月
     
     

  • がん看護専門看護師によるがん看護相談ステーションの利用状況

    学会  第15回岩手看護学会学術集会  (岩手医科大学(矢巾キャンパス))  口頭(一般) 

    2022年10月
     
     

  • がんをもつ患者・家族への看護を実施する際のA県の看護師の困難と専門看護師に対する教育希望-自由記載の分析-

    国内会議  第14回岩手看護学会学術集会  (岩手県立大学 看護学部)  口頭(一般) 

    2021年10月
     
     

  • がんをもつ患者・家族への看護を実施するA県の看護師の困難と専門看護師に対する教育希望-選択式質問項目の分析-

    国際会議  第14回岩手看護学会学術集会  (岩手県立大学 看護学部)  口頭(一般) 

    2021年10月
     
     

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 末梢神経障害を伴うがんサバイバーの在宅基盤型活動支援プログラムの開発と評価

    基盤研究(B)

    2020年04月
    -
    2024年03月

    抗がん薬治療の副作用である末梢神経障害は未だ症状を緩和する効果的な支持(治療)薬はない. そのため末梢神経障害によるつまずきや転倒,運転動作に支障を招き,生活行動の自立が脅かされている.本研究の目的は, 安全に暮らすことができる支援のため、治療に伴うがんサバイバー(がんとともに生きる人々)の神経障害の程度と活動量との関係を客観的・主観的に解析する.この結果を基に在宅でもできる活動支援プログラムを開発し, 評価する. これは地域包括ケア・就労継続, 転倒予防等をすすめ,サバイバーの生命延長と生活の質向上に寄与する.

  • 終末期がん患者の倦怠感軽減ケアプログラムの開発と臨床応用

    基盤研究(C)

    2020年04月
    -
    2023年03月

    本研究では、終末期がん患者の倦怠感に対して、リラクセーションのためのハンドケアと、ハンドケア+足浴の効果を、臨床研究の相に沿って、ランダム化比較試験(RCT)(第Ⅰ~Ⅲ相)で比較し、効果を検証することを目的とする。また、臨床応用できるように看護師向け教育材料を作成し、その効果についてランダム化比較試験(第Ⅳ相)を行い一般化および普及可能性についても検証することを目的とする。

 

地方自治体、企業などにおける活動 【 表示 / 非表示

  • R5年度岩手県委託事業岩手県新人看護師研修 新人看護職員のための看護倫理

    2023年09月
     
     

  • キャリア開発ラダー倫理研修

    2023年09月
     
     

  • 青森保健大学 看護学科 がん看護

    2023年09月
     
     

  • 岩手県南部地区郵便局婦人会研修会 

    2023年07月
     
     

  • 令和5年度 岩手県ACOサポーター養成研修会

    2023年07月
     
     

全件表示 >>

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 岩手県民の「生きる」を支える会議(アドバンスケアプランニングについて考える県民会議)

    2019年07月
    -
    2021年03月

一般教育 【 表示 / 非表示

  • 岩手医科大学附属病院高度看護研修センター 令和5年度認定看護師教育課程 非常勤講師

    2023年04月
    -
    2024年03月

  • 青森保健大学 大学院前期課程がん看護CNSコース 非常勤講師

    2022年10月
    -
    2023年03月

  • 青森県立保健大学 看護学科 「がん看護 」講義

    2022年10月
     
     

  • 岩手医科大学附属病院高度看護研修センター 令和4年度認定看護師教育課程 非常勤講師

    2022年09月
    -
    2023年03月

学会における役職等 【 表示 / 非表示

  • 2023年02月
    -
    継続中

    日本がん看護学会   日本がん看護学会 代議員

  • 2022年04月
    -
    2025年03月

    岩手看護学会   評議員

  • 2020年08月
    -
    継続中

    日本緩和医療学会   東北支部運営委員会 委員

  • 2018年02月
    -
    2020年02月

    日本緩和医療学会   代議員

  • 2016年02月
    -
    2021年01月

    日本がん看護学会   代議員

学会における活動 【 表示 / 非表示

  • 2021年08月
     
     

    第36回日本がん看護学会学術集会 査読委員

  • 2023年08月
     
     

    第38回日本がん看護学会学術集会 査読委員

  • 2023年07月
     
     

    第44回日本死の臨床研究会年次大会

  • 2022年08月
    -
    2024年07月

    日本緩和医療学会 東北支部 支部運営委員会 支部運営委員

  • 2022年08月
    -
    2022年09月

    第37回日本がん看護学会学術集会 査読委員

全件表示 >>

その他の社会・地域貢献 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月
    -
    継続中

    気仙地区 がん看護相談ステーション事業

  • 2020年06月
    -
    継続中

    盛岡友愛病院 看護研究・がん看護教育支援

  • 2020年06月
    -
    継続中

    未来かなえ訪問看護ステーション「すみちゃん」 看護研究・地域へのがん教育推進支援

  • 2019年06月
    -
    継続中

    盛岡赤十字病院 看護倫理教育支援