基本情報

写真a

平井 勇介

HIRAI Yusuke


職名

准教授

ホームページ

https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000060757524/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  第一学群  社会学類 社会学専攻

    大学,2006年03月,卒業,日本国

  • 富山大学  理学部

    大学,2002年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学  人間科学研究科

    博士課程,2011年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 人間科学,社会学,早稲田大学,課程

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 岩手県立大学 総合政策学部 総合政策研究科,講師,2015年04月 ~ 2019年03月

  • 岩手県立大学 総合政策学部 ,准教授,2019年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 立教大学 社会学部,兼任講師,2013年04月 ~ 2014年09月

  • 早稲田大学 人間科学部,非常勤講師,2013年09月 ~ 2014年03月

  • 青山学院大学大学院 総合文化政策学研究科,非常勤講師,2014年04月 ~ 2014年09月

  • 青山学院大学 総合文化政策学部,非常勤講師,2014年04月 ~ 2014年09月

  • 高崎経済大学,助手,2014年10月 ~ 2015年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 環境社会学会,2011年12月 ~ 継続中,日本国

  • 日本村落研究学会,2006年09月 ~ 継続中,日本国

  • 日本社会学会,2011年05月 ~ 継続中,日本国

  • 東北社会学会,2015年06月 ~ 継続中,日本国

  • 早稲田社会学会,2013年06月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 社会学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,地域変動と住民生活II

  • 2018年度,地域変動と住民生活II

  • 2018年度,地域変動と住民生活I

  • 2018年度,地域変動と住民生活I

  • 2018年度,市民活動論

全件表示 >>

指導学生数及び学位記授与者数 【 表示 / 非表示

  • 2018年度

    卒業研究指導

    :

    6人

    研究指導:博士(前期)課程

    :

    研究指導:博士(後期)課程

    :

    学位記授与者数:博士(前期)課程

    :

    学位記授与者数:博士(後期)課程

    :

  • 2017年度

    卒業研究指導

    :

    8人

    研究指導:博士(前期)課程

    :

    研究指導:博士(後期)課程

    :

    学位記授与者数:博士(前期)課程

    :

    学位記授与者数:博士(後期)課程

    :

  • 2016年度

    卒業研究指導

    :

    6人

    研究指導:博士(前期)課程

    :

    研究指導:博士(後期)課程

    :

    学位記授与者数:博士(前期)課程

    :

    学位記授与者数:博士(後期)課程

    :

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 自然環境保全現場における地域住民の環境(土地)認識に関する研究,2007年04月 ~ 継続中

    個人研究,科学研究費補助金

  • 地域社会における自然資源利用・管理のローカル・ルール研究,2006年04月 ~ 継続中

    個人研究,その他の研究制度

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,「嫌がられる環境を誰が受け入れるのか?」足立重和・金菱清編『環境社会学の考え方ー暮らしをみつめる12の視点』第4章,ミネルヴァ書房,2019年04月,足立重和・金菱清編

    教科書,共著

  • 日本語,「迷惑施設の受け入れと負担の分有―ごみ処理場誘致を試みた滋賀県彦根市B集落を事例として―」足立重和・金菱清編『生活環境主義のコミュニティ分析』第6章,ミネルヴァ書房,2018年10月,鳥越皓之・足立重和・金菱清編

    単行本(学術書),分担執筆

  • 日本語,「子どもの活動からみたローカル・ルール」鳥越皓之編『霞ヶ浦の環境と水辺の暮らしーパートナーシップ的発展論の可能性ー』第2章,早稲田大学出版部,2012年04月,鳥越皓之編

    単行本(学術書),分担執筆

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,自然環境保全のための対話の設定と地元のストレス

    総合政策,17巻 2号 (頁 229 ~ 239) ,2016年03月

    平井勇介

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 日本語,森林環境保全・生活保全のための所有権制限の論理ー平地林をめぐる地権者の考え方ー

    社会学評論,65巻 1号 (頁 97 ~ 114) ,2014年06月

    平井勇介

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 日本語,自然採取を内包したカニ養殖業ー中国安徽省を事例とした半栽培(セミ・ドメスティケイション)研究ー

    人間科学研究,24巻 1号 (頁 5 ~ 17) ,2011年03月

    平井勇介

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 日本語,ムラのヨシ場利用からみた空間管理ーかすみがうら市崎浜集落を事例にしてー

    村落社会研究ジャーナル,14巻 2号 (頁 28 ~ 37) ,2008年03月

    平井勇介

    研究論文(学術雑誌),単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第5回震災問題研究交流会,学会,2019年03月,早稲田大学,平井勇介・鈴木翼,既存の地域コミュニティによる災害公営住宅団地の団地会育成,口頭(一般)

  • 日本社会学会,学会,2017年11月,津波被災地における地域コミュニティの存立要件─東日本大震災被災地における地域コミュニティの解散過程の分析を通して,口頭(一般)

  • 東日本大震災研究交流会,学会,2017年03月,早稲田大学,東日本大震災復旧・復興過程で生じる地域社会内の軋轢―津波被災者と地震被災者の隔たり,口頭(一般)

  • 東北社会学会研究例会,学会,2016年06月,迷惑施設の受入れと負担の分有,口頭(一般)

  • 第65回早稲田社会学会,学会,2013年07月,〝対話″の場における権力作用-自然再生協議会を事例として―,口頭(一般)

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 『復興に関する大船渡市民の意識調査 第3次横断調査報告書』岩手県立大学総合政策学部震災復興研究会社会調査チーム(堀篭義裕・阿部晃士・茅野恒秀・平井勇介・金澤悠介) ,2018年12月

    調査報告書

  • 『復興に関する大船渡市民の意識調査 第3回パネル調査報告書』岩手県立大学総合政策学部震災復興研究会社会調査チーム(堀篭義裕・阿部晃士・茅野恒秀・平井勇介・金澤悠介),2016年09月

    調査報告書

  • 富田涼都著『自然再生の環境倫理』,2016年04月

    書評

  • 日本妖怪辞典 分担執筆「森の神」「屋敷神」「藪の神」などの11項目を担当,2013年07月

    事典・辞書

  • 『研究者養成のための男女平等プランに関する調査(5)男女共同参画推進に関する意識・実態調査2008 年度教職員調査報告書』第3章『キャリア形成と業務環境ー職員編、教員と職員の比較ー』,2008年10月

    調査報告書

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2017年04月 ~ 継続中,開発経験からみる環境保全型地域づくりの論理

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 継続中,震災被災地の「日常の再構築」過程における意識調査:地域社会の分断・格差に着目して

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,震災被災地の復興過程における住民意識調査:復興政策の意図せざる結果の解明

  • 研究活動スタート支援,2015年04月 ~ 2017年03月,地域社会における土地所有権の内在的制約に関する実証的研究

  • 特別研究員奨励費,2008年04月 ~ 2011年03月,生活実践からみる自然再生運動の環境社会学的考察

財団研究費及び全学プロジェクト等研究費 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月 ~ 継続中,全学競争研究費『歴史的・文化的要因を考慮に入れた生活復興感の指標化―災害復興政策の充実を意図して』

 

地方自治体、企業などにおける活動 【 表示 / 非表示

  • 盛岡市廃棄物対策審議会委員,2017年04月 ~ 継続中

  • 岩手県環境影響評価技術審査会,2016年09月 ~ 継続中

学会における活動 【 表示 / 非表示

  • 日本社会学会・研究活動委員,2018年10月 ~ 継続中