基本情報

写真a

菅野 道生

KANNO Michio


職名

講師

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 明治学院大学  社会学部  社会福祉学科

    大学,1999年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 明治学院大学  社会学研究科  社会福祉学専攻

    修士課程,2004年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(社会福祉学),社会福祉学,明治学院大学,課程

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 岩手県立大学,講師,2012年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 東京ボランティア・市民活動センター(東京都社会福祉協議会),相談担当専門員,2002年04月 ~ 2010年03月

  • 明星大学,非常勤講師,2008年09月 ~ 2012年03月

  • 東日本国際大学,准教授,2010年04月 ~ 2012年03月

  • 内閣府経済社会総合研究所,研究員,2011年04月 ~ 2012年03月

  • 放送大学,非常勤講師,2011年04月 ~ 2012年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本社会福祉学会,2008年07月 ~ 継続中,日本国

  • 日本地域福祉学会,2008年06月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 社会福祉学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,専門演習II

  • 2018年度,地域福祉調査実習

  • 2018年度,地域福祉サービス論

  • 2018年度,福祉システム調査実習

  • 2018年度,福祉システム専門演習I (~H25入学)

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 岩手県立大学平成26年度学長表彰,2015年03月,岩手県立大学,菅野道生,宇佐美誠史,八木かずみ,簗田智子

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 「限界コミュニティ」における小地域福祉活動実践に関する実証的研究,2011年04月 ~ 2013年03月

    小地域福祉活動 高齢化コミュニティ,社会福祉学,個人研究,科学研究費補助金

    本研究の目的は、都市部に偏在する極端に高齢化した地域におけるの住民福祉活動の実践モデルを構築することである。
    現在取り組まれている小地域福祉活動についての資料、および質的データの収集とその検証を通じて、今後各地域で増加するであろう高齢コミュニティにおける住民による地域福祉課題の解決の方向性を明らかにしたい。

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,「実践」が<理論>をコントロールするのであって、<理論>が「実践」をコントロールするのではない-ソーシャルワーカーが「《いま-ここ》における実践」に対する能力へ覚醒すること-,星雲社,2017年04月,藤田徹, 中村文哉, 吉田仁美, 庄司知恵子, 白石雅紀, 高木健志, 菅野道生

    単行本(学術書),第7章「現場のソーシャルワーカーの語りからみた社会福祉専門職養成教育における課題」,共著,社会福祉学

  • 日本語,多角的な研究アプローチによる現代的福祉課題の検証,星雲社,2016年03月,藤田徹,中村文哉,白石雅紀,高木健志,庄司知恵子,菅野道生

    単行本(学術書),第9章大都市の公営集合住宅における中高年ひとり暮らし世帯の社会的孤立-東京都江東区の公営住宅・UR住宅における実態調査を通じて-,共著,社会福祉学

  • 日本語,ソーシャルワーク,弘文堂,2016年02月,金子絵里乃、後藤広史、岩間伸之、田嶋英行、澤田有希子、佐藤繭美、田村綾子、清水冬樹、石田慎二、中澤香織、菅野道生、小俣智子、池谷秀登、後藤広史、渡邊隆文、原田和明

    教科書,第10章 地域とソーシャルワーク,共著

  • 日本語,『岩手の再生』第1集 今日の地域課題と展望,岩手地域総合研究所,2015年07月,宇佐美誠史, 伊藤幸男, 横山英信, 菅野道生

    単行本(一般書),第4部:くらしの実態から社会保障のあり方を問う,単著,社会福祉学

  • 日本語,高齢者に対する支援と介護保険制度 <第3版>,弘文堂,2015年02月,東康祐,渡辺道代,信川京子,土屋昭雄,張珉榮,田中温,中村裕子・建部久美子,西岡修,森山千賀子,嶋崎東子,菅野道生,佐野英司,小川栄二,宮﨑榮二

    教科書,第10章 地域包括支援センターと地域,共著,社会福祉学

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,中山間地域における住民の生活支援ニーズ・シーズ分析-岩手県A紙における地域調査を通じて-

    岩手県立大学社会福祉学部紀要,20巻 (頁 7 ~ 16) ,2018年03月

    菅野道生

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著,社会福祉学

  • 日本語,奥州市北股地区における集落機能の現状と課題

    岩手県立大学社会福祉学部紀要,20巻 (頁 55 ~ 66) ,2018年03月

    庄司知恵子,菅野道生

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著,社会福祉学

  • 日本語,被災地における高齢者の社会的孤立

    公的扶助研究246号 (頁 22 ~ 25) ,2017年07月

    菅野道生

    研究論文(学術雑誌),単著,社会福祉学

  • 日本語,大学における子育て支援体制整備における学生ボランティア・マネジメントの実践-岩手県立大学における2年間の取り組みを通じて

    地域福祉実践研究8号 (頁 44 ~ 55) ,2017年05月

    菅野道生,庄司知恵子,伊藤彩,下平なをみ,櫻幸恵,荻原奈々子,庄司文仁,佐々木千晶

    研究論文(学術雑誌),共著,社会福祉学

  • 日本語,休日勤務時の学内託児活動の実践と課題

    岩手県立大学社会福祉学部紀要,18巻 (頁 77 ~ 83) ,2016年03月

    佐々木千晶,庄司知恵子,菅野道生,下平なをみ,伊藤彩,櫻幸恵

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著,社会福祉学

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,助け合いの力で高齢者に生きがいと安心を,Helloコープ,2016年01月,菅野道生

    総説・解説(その他),単著

  • 日本語,高齢者の孤立問題の構造と対策の課題(下)行政のアウトリーチ機能強化と「措置」の積極的活用を,月刊ゆたかなくらし366号 (頁 46 ~ 48) ,2012年11月,菅野道生

    総説・解説(商業誌),単著

  • 日本語,高齢者の孤立問題の構造と対策の課題(上)行政のアウトリーチ機能強化と「措置」の積極的活用を,月刊ゆたかなくらし365号 (頁 18 ~ 23) ,2012年10月,菅野道生

    総説・解説(商業誌),単著,社会福祉学

  • 日本語,コミュニティづくりに向けて-大都市東京の集合住宅,東京都社会福祉協議会,福祉広報634号 (頁 6 ~ 7) ,2011年10月,菅野道生

    総説・解説(商業誌),単著

  • 日本語,災害が浮かび上がらせた「地域」と「くらし」のいま,本の泉社,ゆたかなくらし350号 (頁 164 ~ 167) ,2011年06月,菅野道生

    総説・解説(商業誌),単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本社会福祉学会第65回秋季大会,学会,2017年10月,首都大学東京,中高年者の老人クラブに対する意識の特徴 ― 岩手県A市における調査から ―,口頭(一般),社会福祉学

  • 第30回日本地域福祉学会,学会,2016年06月,日本社会事業大学,地方都市の市街地における住民の生活ニーズ・シーズ分析,口頭(一般),社会福祉学

  • 日本社会福祉学会第63回秋季大会,学会,2015年09月,市町村高齢者福祉担当部署における高齢者支援業務の状況,口頭(一般),社会福祉学

  • 日本地域福祉学会第29回年次大会,学会,2015年06月,中山間地域における住民の生活支援ニーズ・シーズ分析,口頭(一般),社会福祉学

  • 日本地域福祉学会第29回年次大会,学会,2015年06月,山形県内市町村社協における身近な地域での福祉活動推進について,口頭(一般)

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 平成26年度地域政策研究センター地域協働研究(地域提案型)後期 研究報告書「過疎地域のニーズ・シーズ調査を基にした ストレングスの分析と住民主体の地域づくり」,2014年09月 ~ 2016年03月

    調査報告書

  • 平成26年度社会福祉学部プロジェクト研究活動報告書「大学におけるワークライフバランスの現状と課題~子育て支援体制を中心に」,2014年04月 ~ 2015年03月

    調査報告書

  • 高知県本山町における住民のくらしと意識に関する調査報告書,2013年04月 ~ 2015年03月

    調査報告書

  • にしわが安らぎの郷づくり協議会集落点検活動報告書「集落の「つよみ」と「課題」から考えるこれからのコミュニティづくり」,2012年04月 ~ 2015年03月

    調査報告書

  • 「時評2011」,2011年12月

    書評

全件表示 >>

研究についてのマスコミによる報道 【 表示 / 非表示

  • 水沢、北股の中山間地域 市社福協と県立大の共同意識調査,胆江日日新聞,2016年01月,菅野道生,奥州市社会福祉協議会

  • 密着いわて:奥州・「ろばだの会」 地域住民をつなぎたい 孤立死再発防止へ交流会 積極参加へ対応模索 /岩手,毎日新聞,2015年11月,菅野道生,奥州市社会福祉協議会

  • 中山間に共助の力 県立大住民意識調査 黒石、北股2地区 (8/27),岩手日日新聞,2015年08月,菅野道生,奥州市社会福祉協議会

  • 水沢・黒石、衣川・北股「暮らしと意識調査」 互助の力強さ再確認,胆江日日新聞,2015年08月,菅野道生,奥州市社会福祉協議会

  • 発想を転換 人口減社会へ 支え合い 地域の潜在力活かし,胆江日日新聞,2015年07月,菅野道生,奥州市社会福祉協議会

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2013年04月 ~ 2015年03月,市町村高齢者福祉担当部署におけるアウトリーチ及び直接支援・介入に関する実証的研究

  • 若手研究(B),2011年04月 ~ 2013年03月,「限界コミュニティ」における小地域福祉活動実践に関する実証的研究

    本研究の目的は、都市部の「限界コミュニティ」における小地域福祉活動展開の現状と課題を検証することにより、都市部に偏在する極端に高齢化した地域におけるの住民福祉活動の実践モデルを構築することである。
    現在取り組まれている小地域福祉活動についての資料、および質的データの収集とその検証を通じて、今後各地域で増加するであろう「限界コミュニティ」における住民による地域福祉課題の解決の方向性を明らかにする。

財団研究費及び全学プロジェクト等研究費 【 表示 / 非表示

  • 地域提案型共同研究(後期),2014年10月 ~ 2015年10月,過疎地域のニーズ・シーズ調査を基にしたストレングスの分析と住民主体の地域づくり

    中山間地域では、過疎化や高齢化といった福祉課題の他、医療や就労、住まい、教育、子育てなどの問題が多岐にわたるうえ、それぞれの個別事情により、抱える課題が一層複雑化しており、コミュニティの脆弱化、地域の活力低下が生じている。住民が住み慣れた地域で安心した生活を存続させながら暮らして行くためには、福祉コミュニティづくりを起点とした様々なアイディアを提供し、限界集落の地域活性化の手法を模索する。

 

地方自治体、企業などにおける活動 【 表示 / 非表示

  • 滝沢市社会教育委員,2014年04月 ~ 継続中

  • 滝沢市社会福祉協議会ボランティアセンター運営委員 ,2014年04月 ~ 継続中

  • 盛岡市地域福祉計画アドバイザリーボード,2014年04月 ~ 2015年03月

  • 岩手県社会福祉協議会,2013年04月 ~ 継続中

  • 山形県社会福祉協議会,2013年04月 ~ 2015年03月

全件表示 >>

一般教育 【 表示 / 非表示

  • 福島県教育庁平成27年度地域防災力向上支援プログラム「平時から取り組む<災害福祉コミュニティ>の構築-つながりを生み出す場づくりの技法」,2015年08月

  • 岩手県社会福祉協議会平成27年度社会福祉従事者リーダー職員研修会「チームビルディング」 ,2015年08月

  • 盛岡市民生委員の日記念講演「今日の地域福祉における民生委員活動」,2015年05月

  • 明治学院大学2014年度チャレンジコミュニティ大学「町内会・自治会と地域福祉活動-地域住民組織の新たな活動スタイルの模索」,2015年03月

  • 葛飾区社会福祉協議会「平成26年度地域住民福祉活動情報交換会」,2015年02月

全件表示 >>

その他の社会・地域貢献 【 表示 / 非表示

  • なこそ復興プロジェクト会議,2011年06月 ~ 2012年03月

  • いわき市勿来地区災害ボランティアセンター,2011年04月 ~ 2011年05月

  • 東日本大震災被災地支援・都民ボランティア,2011年03月 ~ 2011年04月