基本情報

写真a

今井 信太郎

IMAI Shintaro


職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  工学部  情報工学科

    大学,2002年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  情報科学研究科  情報基礎科学専攻

    博士課程,2007年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学士(工学),計算機システム,東北大学,課程

  • 修士(情報科学),計算機システム,東北大学,課程

  • 博士(情報科学),計算機システム,東北大学,課程

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 ,講師,2008年04月 ~ 2018年03月

  • 岩手県立大学 盛岡短期大学部 ,非常勤講師,2009年09月 ~ 2015年03月

  • 岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 ソフトウェア情報学研究科,准教授,2018年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会,日本学術振興会特別研究員,2006年04月 ~ 2008年03月

  • 一関工業高等専門学校,非常勤講師,2015年10月 ~ 2017年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 情報処理学会,2004年06月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 計算機システム

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,ソフトウェア情報学ゼミナールIII

  • 2017年度,ソフトウェア情報学ゼミナールI

  • 2017年度,ソフトウェア情報学ゼミナールII

  • 2017年度,情報システム基盤総論

  • 2017年度,基盤システム演習Ⅱ

全件表示 >>

指導学生数及び学位記授与者数 【 表示 / 非表示

  • 2015年度

    卒業研究指導

    :

    13人

    研究指導:博士(前期)課程

    :

    6人

    研究指導:博士(後期)課程

    :

    0人

    学位記授与者数:博士(前期)課程

    :

    2人

    学位記授与者数:博士(後期)課程

    :

    0人

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 大量のセンサデータに対する知的情報処理手法に関する研究,2010年04月 ~ 継続中

    センサ,計算機システム,科学研究費補助金

  • 次世代ユビキタスサービスのための知識流通フレームワークに関する研究,2006年04月 ~ 2007年03月

    ユビキタス情報環境,計算機システム,機関内共同研究,科学研究費補助金

  • 知識型エージェントに基づくビデオ会議システムに関する研究,2001年04月 ~ 2006年03月

    エージェント,計算機システム,機関内共同研究,その他の研究制度

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Development of a Node Cooperation Method for Location Change of Sensor Data Processing

    International Journal of Energy, Information and Communications,8巻 1号 (頁 15 ~ 28) ,2017年02月

    Shintaro Imai, Haruka Shimizu, Bingxi Zhao, Yoshikazu Arai, Toshimitsu Inomata

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Data Processing Method for Human Motion Estimation to Reduce Network and Sensor Node Loads

    Int. J. of Cognitive Informatics and Natural Intelligence,7巻 1号 (頁 58 ~ 74) ,2013年04月

    Shintaro Imai, Mariko Miyamoto, Mingrui Cai, Yoshikazu Arai, Toshimitsu Inomata

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Effective ubiquitous service provisioning based on Knowledge Circulation Framework "jointly worked"

    Int. J. of Business Intelligence and Data Mining (IJBIDM),4巻 1号 (頁 78 ~ 98) ,2009年05月

    Shintaro Imai, Atsushi Takeda, Takuo Suganuma, Norio Shiratori

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,不揮発性ネットワークのためのセッション制御機能の実装と評価

    第23回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集 (頁 255 ~ 259) ,2015年10月

    今野翔太,今井信太郎,北形元,新井義和,猪股俊光

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等),共著

  • 英語,Data Processing Method for Human Motion Estimation to Reduce Network and Sensor Node Loads

    Proc. of Int. Conf. on Smart Technologies for Energy, Information and Communication (IC-STEIC2014) (頁 4 ~ 10) ,2014年08月

    Shintaro Imai, Syota Konno, Gen Kitagata, Yoshikazu Arai, Toshimitsu Inomata

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Int. Conf. on Smart Technologies for Energy, Information and Communication (IC-STEIC2014),国際会議,2014年08月,習志野市,Prototype Development of Access Queuing Function for Non-volatile Networking,口頭(一般)

  • 27th IEEE Int. Conf. on Advanced Information Networking and Application Workshops,国際会議,2013年03月,Sensor Data Processing Method Based on Observed Person's Similarity for Motion Estimation,口頭(一般)

  • マルチメディア通信と分散処理ワークショップ2015,国内会議,2015年10月,雲仙市,不揮発性ネットワークのためのセッション制御機能の実装と評価,口頭(一般)

  • マルチメディア通信と分散処理ワークショップ2013,国内会議,2013年12月,草津町,データ解析・処理場所を自律的に変更するセンサシステムの一検討,口頭(一般)

  • 情報処理学会第79回全国大会,学会,2017年03月,CUDAによる並行処理のためのデータ転送のスケジューリング手法の提案,口頭(一般)

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀論文賞,2007年11月01日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ研究会,Shintaro Imai, Atsushi Takeda, Takuo Suganuma, Norio Shiratori

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2015年04月 ~ 継続中,柔軟なノード間連携により大量のデータの処理を実現するセンサシステム基盤技術の開発

    近年,大量のデータを扱う様々なサービスが登場している.これらのサービスでは,取得データの量が極めて大きくなる可能性があり,通信路やストレージに大きな負荷をかける.これに対して,センサノードやその近傍のノードにおいてデータ処理を行う手法が提案されているが,従来のサーバでの処理が優れている状況も多い.このため,サービスやデータ,環境に応じて柔軟にデータ処理場所・処理内容を選択できれば,大量のセンサデータを特定のノードに大きな負荷をかけることなく処理可能である.本申請研究では,サービスやデータ,デバイスなどの環境に適応した動作を可能とする,マルチエージェント技術に基づくセンサシステム基盤技術を研究開発する.

  • 若手研究(B),2010年04月 ~ 2013年03月,大量のセンサデータに対する知的情報処理手法に関する研究

    本申請研究は,複数のセンサノードが実空間に存在する人間や物体をリアルタイムに観測し,外部ネットワークを経由してホストに対して大量のデータを送信する環境を想定する.センサを用いて観測対象の位置や動作などを観測する見守りサービスなどがこのような環境に該当する.このような環境において,センサシステムには,外部ネットワークに過剰なデータを流さないこと,様々なサービスから要求されるデータ形式に対応したデータ処理が可能であることが求められる.以上の背景から,本申請研究は,センサノードの近くに存在するホストにおける,様々なサービスに柔軟に対応できる知的データ処理による,外部ネットワークへの影響を抑えた汎用性の高いセンサシステムの実現}を目的とする.

  • 特別研究員奨励費,2006年04月 ~ 2008年03月,次世代ユビキタスサービスのための知識流通フレームワークに関する研究

    ネットワーク・計算機環境に適応したユビキタスサービスを実現するためのQoS制御知識の効果的な流通を可能とする知識流通フレームワークにおける知識管理及び知識配置機能の実現

 

地方自治体、企業などにおける活動 【 表示 / 非表示

  • ETロボコン 東北地区大会実行委員,2009年11月 ~ 継続中

学会における活動 【 表示 / 非表示

  • 情報処理学会DPS研究会,2011年04月 ~ 2015年03月

  • 情報処理学会,2015年05月 ~ 2015年10月

  • 平成27年度電気関係学会東北支部連合大会,2015年05月 ~ 2015年09月

  • 情報処理学会DPS研究会ワークショップ2011,2010年12月 ~ 2011年10月

  • Int. J. of Energy, Information and Cummunications,2016年02月

全件表示 >>

その他の社会・地域貢献 【 表示 / 非表示

  • IT体験教室,2013年04月 ~ 継続中

  • 家族ロボット教室,2013年12月 ~ 継続中