三須田 善暢 (ミスダ ヨシノブ)

MISUDA Yosinobu

写真a

職名

准教授

研究室住所

020-0693 岩手県滝沢市巣子152-52岩手県立大学盛岡短期大学部

研究分野・キーワード

社会学、農業問題

メールアドレス

メールアドレス

研究室FAX

019-694-2901

ホームページ

https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000010412925/

特記事項

ローマ字は訓令式を使う

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年03月

    東京農工大学   農学部   生物生産学科   大学   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1997年03月

    東北大学  情報科学研究科  人間社会情報科学専攻(博士前期課程)  博士課程  修了  日本国

  •  
    -
    2004年03月

    東北大学  情報科学研究科  人間社会情報科学専攻(博士後期課程)  博士課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士(情報科学)  社会学  課程

  • 東北大学 -  修士(情報科学)  社会学  課程

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2010年03月

    岩手県立大学   盛岡短期大学部   国際文化学科   講師  

  • 2010年04月
    -
    継続中

    岩手県立大学   盛岡短期大学部   国際文化学科   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2005年03月

      日本学術振興会特別研究員PD(受入機関 岩手県立大学)   日本学術振興会特別研究員PD

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2004年10月
    -
    継続中
     

    岩手県立大学総合政策学会  日本国

  • 2001年04月
    -
    継続中
     

    日本村落研究学会  日本国

  • 1998年04月
    -
    継続中
     

    日本社会学会  日本国

  • 1997年04月
    -
    継続中
     

    日本社会学史学会  日本国

  • 1995年04月
    -
    継続中
     

    東北社会学会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 社会学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  基礎演習Ⅰ

     
     
     

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2006年03月

    本学総合政策研究科 環境・地域政策系領域 地域変動と住民生活分野のジョイントタスクワークに参加

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • マンハイム知識社会学の研究

    社会学   哲学・倫理学  

    マンハイム,知識社会学  

    個人研究  

     
     
     
     

  • 小農(≒家族農業経営)の研究

    社会学   経営・経済農学  

    家族経営、農村社会学  

    個人研究  

     
     
     
     

論文 【 表示 / 非表示

  • 細谷昂先生に聞く:戦後日本農村社会学者への聞き取り資料

    細谷昂・三須田善暢・矢野晋吾・高田知和・牧野修也・福田恵

    岩手県立大学総合政策学会ワーキングペーパー  ( 148 ) 1 - 36   2020年12月

    研究論文(その他学術会議資料等)

    共著  日本語

  • 日本村落研究学会東北地区研究会ミニシンポジウム報告「あらためて中村吉治を読む——煙山調査を中心に——」

    長谷部弘・三須田善暢・泉桂子

    岩手県立大学総合政策学会ワーキングペーパー  ( 147 ) 1 - 96   2020年08月

    研究論文(その他学術会議資料等)

    共著  日本語

  • 有賀喜左衛門ドイツ社会学関係ノート

    三須田善暢

    岩手県立大学総合政策学会ワーキングペーパー  ( 145 ) 1 - 43   2020年04月

    研究論文(その他学術会議資料等)

    単著  日本語

  • 研究ノート 日記に見る昭和前期石神大屋齋藤家の生産と生活

    三須田 善暢,庄司 知恵子

    岩手県立大学盛岡短期大学部研究論集  ( 22 ) 45 - 50   2020年03月

    研究論文(大学,研究機関紀要)

    共著  日本語

  • The Folk Craft (Mingei) Movement and Tōhoku Rural Community during the Syōwa Depression Period:A Sketch of an Intellectual Intersection

    MISUDA Yosinobu, SATŌ Kyōko

    岩手県立大学盛岡短期大学部研究論集  ( 21 ) 59 - 66   2019年03月

    研究論文(学術雑誌)

    共著  英語

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 地域の文化の発掘――歴史に埋もれた漆器生産――

    林雅秀, 三須田善暢,庄司知恵子,高橋正也

    フォレストウインズ ( 森林総合研究所東北支所 )  ( 42 ) 1 - 2   2010年10月

    総説・解説(その他)   共著  日本語 

  • Surveying the State of Multi-Cultural Coexistence in Iwate: Daily Life Services for Foreign Resident

    WINSKOWSKI Christine, TAKANO Jun'ichi, EVANS Catlin, KUSABA Eiko, MISUDA Yoshinobu and YOSHIHARA Osamu

    岩手県立大学盛岡短期大学部研究論集 ( 岩手県立大学盛岡短期大学部 )  ( 10 ) 15 - 20   2008年03月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著  英語 

  • 一関・本寺地区の伝統と未来――文化の継承グループ

    誉田慶信,高野淳一,三須田善暢,松本博明,井澤清一

    岩手県立大学盛岡短期大学部研究論集 ( 岩手県立大学盛岡短期大学部 )  ( 9 ) 35 - 42   2007年03月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著  日本語 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 新規農業参入者と村落の関係変化――山形県庄内地方の一事例から――

    学会  第57回日本村落研究学会大会  (京都府綾部市・ホテル広子園)  口頭(一般) 

    2009年11月
     
     

  • 産直給食の展開過程と存立構造――岩手県大東町を事例として――

    学会  第79回日本社会学会大会  (立命館大学)  口頭(一般) 

    2006年10月
     
     

  • Current-State and Problems of "School Lunch from Local Farm Activity" in Japan: A Case Study at Daito-Town, Iwate Prefecture

    学会  2006 Annual Meeting of the Rural Sociological Society(at The Seelbach Hilton, Louisville, Kentucky, USA)  口頭(一般) 

    2006年08月
     
     

  • Current-State and Problems of "School Lunch from Local Farm Activity" in Japan: A Case Study at Daito-Town, Iwate Prefecture

    学会  Study Group on Societal Development第二回研究会  (龍谷大学深草学舎)  口頭(一般) 

    2006年05月
     
     

  • 農作業の広域組織化とその性格――山形県庄内地方における無人ヘリ防除組織を例にして――

    学会  第77回日本社会学会大会  (熊本大学)  口頭(一般) 

    2004年11月
     
     

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 書評 高橋明善著『自然村再考』

    書評 

    2020年12月
     
     
     

  • 書評 斉藤史郎著『昭和日本の家と政治――日本社会学における家理論の形成と展開――

    書評 

    2019年10月
     
     
     

  • 書評 伊藤淳史著『日本農民政策史論―開拓・移民・教育訓練』」

    書評 

    2014年10月
     
     
     

  • 書評 大久保好唯著『移住―人生最後の夢をジャングルの開拓に賭けた男―伊藤勇雄』(桐々社:2008年)

    書評 

    2011年03月
     
     
     

  • 書評 山下祐介・作道信介・杉山佑子編著『津軽、近代化のダイナミズム』

    書評 

    2009年05月
     
     
     

全件表示 >>

研究についてのマスコミによる報道 【 表示 / 非表示

  • 浅沢地区の宝を再認識 八幡平市で住民ら勉強会

    2011年02月  岩手日報 

    三須田善暢 

  • 骨寺村荘園遺跡文化の伝承探る

    2007年09月  岩手日日新聞 

    松本博明 

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • Iターン就農者の定着過程と農山村地域社会との関係性に関する実証研究

    科学研究費補助金(若手研究(B))

    2006年04月
    -
    2009年03月

    単独

  • 現代農村における広域ネットワーク形成と担い手の性格

    科学研究費補助金(特別研究員奨励費)

    2004年04月
    -
    2005年03月

    単独

財団研究費及び全学プロジェクト等研究費 【 表示 / 非表示

  • 日本証券奨学財団研究調査助成

    現代農村青年の生活過程と村落社会の今日的特性把握――新規就農者と若者集団に着目して 

    2010年11月
    -
    2012年03月

    特定の村落における若者集団の活動と社会関係を調査するなかから、その機能や特性を考える。くわえて、新規就農者のおこなう活動に焦点をあて、その活動と村落社会、地域社会との緊張関係等をつぶさに把握し、その関係の特質・現代的意義を考察する。

  • さんりく基金調査研究事業(財団法人さんりく基金)

    新規定住を促進するための課題と方策に関する調査 

    2006年04月
    -
    2009年03月

    新規定住を促進するための課題と方策に関する調査
    共同
    吉野英岐、林賢一、下弘明

  • 岩手県立大学(全学プロジェクト研究費)

    持続可能な農村の担い手存立に関する社会学的研究――EUと日本のCSA比較研究―― 

    2005年04月
    -
    2008年03月

    持続可能な農村の担い手存立に関する社会学的研究――EUと日本のCSA比較研究――
    共同
    山田佳奈、佐藤幸也

  • 笹川科学研究助成金 (日本科学協会)

    離農多発構造下における家族農業経営の存続と継承に関する社会学的実証研究 

    2001年04月
    -
    2002年03月

    離農多発構造下における家族農業経営の存続と継承に関する社会学的実証研究
    単独

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • Current-State and Problems of "School Lunch from Local Farm Activity" in Japan: A Case Study at Daito-Town, Iwate Prefecture

    提供機関: 平成18年度海外発表促進助成(財団法人日本科学協会)  海外渡航費援助

    2006年08月
     
     

    単独

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 一関市 骨寺村荘園遺跡総合調査(民俗学調査)研究

    提供機関: 一関市  一般受託研究

    2010年06月
    -
    2011年03月

  • 一関市 骨寺村荘園遺跡総合調査(民俗学調査)研究

    提供機関: 一関市  一般受託研究

    2009年07月
    -
    2010年03月

 

地方自治体、企業などにおける活動 【 表示 / 非表示

  • 皆で語ろう! 浅沢再発見

    2011年02月
     
     

  • 平成20年度SSH(スーパーサイエンスハイスクール)事業(水沢高校)担当

    2008年09月
     
     

  • 岩手県グリーン・ツーリズム政策外部評価委員会

    2006年08月
    -
    2006年09月

一般教育 【 表示 / 非表示

  • 農業への新規参入と村落社会、平成17年度岩手県立大学公開講座《キャンパス講座》

    2005年09月