基本情報

写真a

井澤 清一

IZAWA Seiichi


職名

講師

メールアドレス

メールアドレス

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  文学部  哲学科

    大学,1984年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  文学研究科  博士前期課程哲学専攻

    博士課程,1988年03月,修了,日本国

  • カリフォルニア大学サンタバーバラ校大学院  哲学科博士課程

    博士課程,1996年03月,その他,アメリカ合衆国

  • 東北大学  文学研究科  博士後期課程哲学専攻

    博士課程,1997年03月,単位取得満期退学,日本国

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 岩手県立大学 盛岡短期大学部 生活科学科 ,講師,1998年04月 ~ 2000年03月

  • 岩手県立大学 盛岡短期大学部 国際文化学科 ,講師,2000年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • ライオグランデ大学仙台校,非常勤講師,1991年04月 ~ 1992年03月

  • カリフォルニア大学サンタバーバラ校,助手,1994年04月 ~ 1996年03月

  • 東北大学文学部,ティーチングアシスタントおよびチューター,1996年10月 ~ 1997年03月

  • 仙台国際日本語学校,非常勤講師,1996年12月 ~ 1998年03月

  • 代々木ゼミナール受験科,専任講師,1997年04月 ~ 1998年03月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,総合英語lV-Bクラス②

  • 2018年度,総合英語lll-Bクラス②

  • 2018年度,総合英語ll-Bクラス②

  • 2018年度,総合英語l-Bクラス①

  • 2018年度,哲学の世界【国際文化学科】

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 「哲学の世界」の授業に応用倫理学のトピックを取り入れる。,2007年04月

  • 「英語表現AIV」の授業にパワーポイントを用いたプレゼンテーション訓練を取り入れる。,2007年04月

  • この人を見よ----哲学教育はどのようにして時代を生き延びるのか?,2006年09月

  • 「英語表現AIII」の授業に英文プレゼンテーションの時間を設ける。,2006年04月

  • 全入時代対応の全学共通教養新科目:Critical Thinkingの変容的導入可能性を考える,2005年09月

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,『生活科学概論』(共著),同文書院,2002年04月,佐々木隆他, 井澤 清一

    単行本(学術書),「生活と環境倫理」の章 18-29頁,共著

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,ウィトゲンシュタイン最後のパズル-----同時進行的現実符号夢はゲティアケースにならないのか?

    中部哲学会年報39号 ,2007年05月

    井澤 清一

    研究論文(その他学術会議資料等),単著

  • 日本語,『主観的正当化』-----正当化における独立性要求と客観性要求との概念的異同を巡って

    盛岡短期大学部『研究論集』9号 (頁 69 ~ 76) ,2007年03月

    井澤 清一

    研究論文(その他学術会議資料等),69-76頁,単著

  • 日本語,哲学教育はどのようにして実学時代を生き延びるのか-------クリティカルシンキング導入提案に続いて

    東北・北海道地区大学一般教育研究会『研究収録』 (頁 63 ~ 67) ,2007年03月

    井澤 清一

    研究論文(その他学術会議資料等),63-67頁,単著

  • 日本語,全入時代対応の全学共通教養新科目:Critical Thinkingの変容的導入可能性を考える

    東北・北海道地区大学一般教育研究会『研究収録』 (頁 91 ~ 97) ,2006年03月

    井澤 清一

    研究論文(その他学術会議資料等),91-97頁,単著

  • 日本語,Plantinga – Steup 論争―――モジュールリアリズムを巡って(要旨)

    東北哲学会年報21号 ,2005年04月

    井澤 清一

    研究論文(その他学術会議資料等),単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 東北・北海道地区大学一般教育研究会,学会,2006年09月,哲学教育はどのようにして時代を生き延びるのか,口頭(一般)

  • 中部哲学会大会,学会,2006年09月,『失踪日記』にみるウィトゲンシュタインの遺言―――――知識論と夢のパズルの漫画的表現,口頭(一般)

  • 東北・北海道地区大学一般教育研究会,学会,2005年09月,全入時代対応の全学共通教養新科目:Critical Thinkingの変容的導入可能性を考える,口頭(一般)

  • 東北哲学会,学会,2004年10月,Plantinga – Steup 論争―――モジュールリアリズムを巡って,口頭(一般)

  • 中部哲学会,学会,2003年09月,主観的正当化,口頭(一般)

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 学部プロジェクト研究報告(平成17年度~平成18年度),2007年03月

    調査報告書

  • 誌上論争:「『寺西論文』に対する共感的反感----批判さるべきは御輿か担ぎ屋か?」,2006年08月

    その他

  • 誌上論争:「『破廉恥教師』批判にまつわる怪しい論調」,2006年07月

    その他

  • 平成17年度短大プロジェクト実績報告書,2006年04月

    調査報告書

 

一般教育 【 表示 / 非表示

  • 『やさしい哲学教室:乳幼児は歌で哲学する』,2006年09月

  • 『やさしい哲学教室:テツガクノイメージを変えてみる。実技としての哲学』,2006年07月

  • 『やさしい哲学教室:知識論の迷宮』,2006年07月

学会における活動 【 表示 / 非表示

  • 岩手哲学会,2006年05月

  • 岩手哲学会,2005年05月

  • 岩手県立大学盛岡短期大学部紀要,2005年04月 ~ 2006年03月

  • 現代哲学研究会,2005年03月

  • 岩手哲学会,2004年05月

全件表示 >>

その他の社会・地域貢献 【 表示 / 非表示

  • 岩手県における農耕文化の変容的発展のモデル農家を水沢江刺地区に訪ね、調査と記録、県外NPOとの連携状況把握を行った、,2006年09月

  • 岩手県における農耕文化の変容的発展のモデル農家を水沢江刺地区に訪ね、調査と記録、県外NPOとの連携状況把握を行った、,2006年03月

  • 岩手哲学会委員として、一般市民向け講演(都市と健康に関する)の企画・実行に参画する。,2004年07月

  • 盛岡短期大学部国際文化学科国際文化理解演習受講の学生を引率し、ワシントン大学およびイースタンワシントン大学を訪問・視察する。,2000年10月