基本情報

写真a

原 英子

HARA Eiko


職名

教授

研究室住所

岩手県滝沢市巣子152-52

研究分野・キーワード

文化人類学、宗教学、民俗学、台湾

メールアドレス

メールアドレス

研究室FAX

019-694-2901

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 熊本大学  文学部  地域科学科民俗学専攻

    大学,1983年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  文学研究科  博士後期課程社会学専攻

    博士課程,1998年03月,修了,日本国

  • 九州大学  文学研究科  社会学

    修士課程,1991年03月,修了,日本国

  • 熊本大学  文学研究科  地域科学専攻

    修士課程,1985年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 文学修士,文化人類学・民俗学,熊本大学,課程

  • 文学修士,社会学,九州大学,課程

  • 博士(文学),社会学,九州大学,課程

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 岩手県立大学 盛岡短期大学部 ,助教授,2003年04月 ~ 2007年03月

  • 岩手県立大学 盛岡短期大学部 ,准教授,2007年04月 ~ 2016年03月

  • 岩手県立大学 盛岡短期大学部 国際文化学科 ,教授,2016年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 岩手医科大学(非常勤講師),非常勤講師,2016年04月 ~ 2017年03月

  • 宮城学院女子大学(非常勤講師),非常勤講師,2001年04月 ~ 2001年09月

  • 岐阜市立女子短期大学,講師,2000年04月 ~ 2003年03月

  • 東北大学(非常勤講師) 大学院文学研究科,非常勤講師,1999年04月 ~ 2000年03月

  • 九州大学(日本学術振興会特別研究員) 大学院文学研究科,日本学術振興会特別研究員,1992年04月 ~ 1994年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本文化人類学会,1991年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本宗教学会,1991年04月 ~ 継続中,日本国

  • 南島史学会,2007年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本台湾学会,1999年05月 ~ 継続中,日本国

  • 順益台湾原住民研究会,1997年04月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 文化人類学・民俗学

  • スポーツ人類学

  • スポーツ人類学

  • 文化財科学・博物館学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,アジア社会論演習

  • 2018年度,アジアの文化と思想A

  • 2018年度,比較文化演習

  • 2018年度,比較文化研究法

  • 2018年度,基礎演習Ⅱ

全件表示 >>

指導学生数及び学位記授与者数 【 表示 / 非表示

  • 2016年度

    卒業研究指導

    :

    7人

    研究指導:博士(前期)課程

    :

    研究指導:博士(後期)課程

    :

    学位記授与者数:博士(前期)課程

    :

    学位記授与者数:博士(後期)課程

    :

  • 2015年度

    卒業研究指導

    :

    5人

    研究指導:博士(前期)課程

    :

    研究指導:博士(後期)課程

    :

    学位記授与者数:博士(前期)課程

    :

    学位記授与者数:博士(後期)課程

    :

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 地域学習,2016年12月 ~ 継続中

  • 地域学習,2013年11月 ~ 継続中

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 台湾における嗜好品の文化についての研究,2014年04月 ~ 継続中

    タバコと文化,文化人類学・民俗学,宗教学,個人研究

  • ジェンダーとスポーツから見た女子ラグビーをめぐる文化人類学的研究,2014年04月 ~ 継続中

    個人研究

  • 台湾先住民族における民族誌的研究,

    文化人類学,エスニシティ,先住民,文化人類学・民俗学

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,『台湾アミ族の宗教世界』,九州大学出版会,2000年02月,原 英子

    単行本(学術書),316pp.,単著

  • 中国語,『台湾阿美族的宗教世界』(中国語訳),(2000年九州大学出版会より出版した『台湾アミ族の宗教世界』の中国語訳 黄宣衛主編黄淑芬他2名編訳),2005年10月,原英子著、黄宣衛主編黄淑芬他2名編訳、台湾中央研究院民族学研究所

    単行本(学術書),281pp,その他

  • 日本語,『馬淵東一と台湾原住民族研究』,風響社,2015年12月,原英子他、笠原政治編

    単行本(学術書),パングツァハ族とアミ族―民族名称表記の変遷にみる馬淵東一の台湾原住民族研究への視点―,共著

  • 日本語,『台湾原住民研究の射程―接合される過去と現在―』,順益台湾原住民博物館,2014年06月,原英子、石垣直、笠原政治、斉藤正憲、末成道男、角南聡一郎、土田滋、新居田純野、野林厚志、松岡格、宮岡真央子、森口恒一、山田仁史、山本芳美

    単行本(学術書),「台湾原住民のタバコと文化」,共著

  • 中国語,順益台灣原住民博物館『百年來的凝視―日本國立民族學博物館珍藏台灣原住民文物―』(跨越世紀的映像 系列5),順益台湾原住民博物館,2009年06月,原英子他

    単行本(学術書),嗜好品文化「菸斗頭」,共著

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,小林村大満舞踊団がやってきたー東日本大震災被災地岩手県山田町からみた台湾からの支援―

    2014第7回日台原住民族研究フォーラム『台日原住民族研究論壇』 (頁 271 ~ 280) ,2014年10月

    原 英子

    研究論文(国際会議プロシーディングス),単著

  • 英語,What do People Expect from Itako (Japanese Shamans) (IV)? How grief is expressed by Japanese Shamans Itako and participants in religious performance after the Great East Japan Earthquake

    岩手県立大学盛岡短期大学部 研究論集16号 (頁 25 ~ 30) ,2014年03月

    Eiko HARA

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 日本語,台湾先住民族の古写真解読による記憶の発掘ー浅井恵倫の写真を使った人類学的調査報告の紹介―

    岩手県立大学盛岡短期大学部 研究論集16号 (頁 55 ~ 59) ,2014年03月

    原 英子

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 日本語,岩手県のラグビー(2)現在の釜石のラグビー状況―アンケート調査結果よりー

    岩手県立大学盛岡短期大学部 研究論集16号 (頁 37 ~ 42) ,2014年03月

    原 英子

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 日本語,岩手県のラグビー(1) 岩手県のラグビーの歴史的動向

    岩手県立大学盛岡短期大学部 研究論集16号 (頁 31 ~ 36) ,2014年03月

    原 英子

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,書評「石垣直著『現代台湾を生きる原住民 ブヌンの土地と権利回復運動の人類学』」,日本台湾学会,『日本台湾学会報』15号 (頁 117 ~ 121) ,2014年03月,原 英子

    書評,文献紹介等,単著

  • 日本語,書評「呉燕和著『ふるさと・フィールド・列車 台湾人類学者の半世紀』」,日本順益台湾原住民研究会,台湾原住民研究17号 (頁 253 ~ 258) ,2013年11月,原 英子

    書評,文献紹介等,単著

  • 日本語,「書評 五十嵐真子著『現代台湾宗教の諸相―台湾漢族に関する文化人類学的研究―』」,日本宗教学会,『宗教学研究』352,81巻 1号 (頁 188 ~ 192) ,2007年06月,原英子

    書評,文献紹介等,単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 2014第7回日台原住民族研究フォーラム『台日原住民族研究論壇』,国際会議,2014年10月,台湾国立政治大学原住民族研究センター,小林村大満舞踊団がやってきた ―東日本大震災被災地岩手県山田町からみた台湾からの支援―,口頭(一般)

  • 岩手県立大学研究成果発表会,国内会議,2014年09月,アイーナ,釜石におけるスポーツイベントに向けたラグビー民俗誌の作成,ポスター(一般)

  • 「イタコ寺大和宗の歴史を再考する」,学会,2014年09月,同志社大学,「イタコ寺大和宗の歴史を再考する」,口頭(一般)

  • IUAES 2013 Evolving Humanity, Emerging Worlds,国際会議,2013年08月,University of Manchester,How grief is expressed by Japanese Shamans Itako and participants; in religious performance after the Great East Japan Earthquake.,口頭(一般)

  • 南島史学会第42回大会,国際会議,2013年06月,明治大学,「釜石シーウェイブスRFCジュニアの台湾でのラグビー交流と日本郵船――東日本 大震災被災地への支援の背景――」,口頭(一般)

全件表示 >>

研究についてのマスコミによる報道 【 表示 / 非表示

  • 台湾総統選・蔡氏が圧勝,岩手日報,2016年01月,原英子

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2019年03月,ジェンダーとスポーツから見た女子ラグビーをめぐる文化人類学的研究

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2019年03月,「ジェンダーとスポーツから見た女性ラグビーをめぐる文化人類学的研究

  • 基盤研究(C),2004年04月 ~ 2007年03月,エスニック・アイデンティティの再編と宗教の介入―台湾先住民の民族認定要求運動とキリスト教―

    単独

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • ラグビー関連の研究,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,その他

  • スポーツイベントに関する文化人類学的分析,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,受託研究

  • 異文化との摩擦・交流に関する人類学的研究,その他

  • 地域の民俗・習慣に関する民俗誌的調査と分析,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,受託研究

  • 台湾との交流に関する調査・研究,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,受託研究

 

地方自治体、企業などにおける活動 【 表示 / 非表示

  • 順益台湾原住民博物館,2007年04月 ~ 継続中

  • 釜石市「スポーツ振興くじ女性によるスポーツと地域の活性化に関する調査研究」地域検討会議委員委嘱,2014年11月 ~ 2015年03月

一般教育 【 表示 / 非表示

  • 岩手県立大学公開講座「これからの生きがいとは―いわゆるスローライフを考える―」,2003年11月

  • 講師「台湾先住民族探訪」(岐阜市立女子短期大学第14回公開講座『異文化発見!』),2000年10月

学会における役職等 【 表示 / 非表示

  • 日本台湾学会,第17回学術大会実行委員会委員(東北大学にて開催),2013年10月 ~ 2014年06月

  • 南島史学会,編集委員長,2013年06月 ~ 2014年06月

  • 南島史学会,評議員,2009年04月 ~ 継続中

学会における活動 【 表示 / 非表示

  • 東北人類学談話会,2007年05月

  • 国際ワークショップ「台湾原住民研究:日本と台湾からの回顧と展望」(於東京外国語大学),2005年03月

  • 日本台湾学会第5回学術大会 (於関西大学),2003年06月

  • 日本台湾学会第4回学術大会(名古屋),2002年06月

  • 台湾宗教学会・保生文教基金会主催 健康・医療と信仰講演会シリーズ(健康・医療與信仰演講系列)台湾台北市,2001年08月

その他の社会・地域貢献 【 表示 / 非表示

  • 岩手県立大学地域政策研究センター地域協働研究「いわて花巻空港と台湾との国際定期便就航に向けた地域の国際化推進に関する研究」(岩手県空港課との協働),2013年10月 ~ 2014年09月

  • 岩手県立大学地域政策研究センター地域協働研究「釜石におけるスポーツイベントに向けたラグビー民俗誌の作成」(釜石シーウェイブスRFCとの協働),2012年10月 ~ 2013年09月

  • 研究代表者佐々木隆 岩手県立大学盛岡短期大学部 学部プロジェクト『現代型環境変化と地域における生活文化の変容に関する研究』,2008年04月 ~ 2010年03月