基本情報

写真a

伊東 栄志郎

ITO Eishiro


職名

教授

ホームページ

http://www.iwate-pu.ac.jp/home/acro-ito/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 岩手県立水沢高等学校普通科卒業  普通科

    その他,1984年03月,卒業,日本国

  • 東北学院大学  文学部  英文科

    大学,1988年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北学院大学  文学研究科  博士前期課程

    修士課程,1990年03月,修了,日本国

  • 東北学院大学  文学研究科  博士後期課程

    博士課程,1992年03月,中退,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 文学修士,ヨーロッパ文学,東北学院大学,課程

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 岩手県立大学 総合政策学部 ,助教授,1998年04月 ~ 2006年03月

  • 岩手県立大学 共通教育センター ,助教授,2006年04月 ~ 2007年03月

  • 岩手県立大学 共通教育センター ,准教授,2007年04月 ~ 2014年03月

  • 岩手県立大学 高等教育推進センター ,准教授,2014年04月 ~ 2018年03月

  • 岩手県立大学 高等教育推進センター 高等教育推進センター ,基盤教育部長,2018年04月 ~ 2019年03月

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 国立宮城工業高等専門学校,非常勤講師,1989年04月 ~ 1992年03月

  • 仙台大学体育学部,非常勤講師,1990年04月 ~ 1992年03月

  • 浜松短期大学,講師,1992年04月 ~ 1997年03月

  • 静岡大学工業短期大学部,非常勤講師,1993年04月 ~ 1995年03月

  • 静岡県立大学共通教育課程,非常勤講師,1993年04月 ~ 1997年09月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 韓国ジェイムズ・ジョイス協会,2004年06月 ~ 継続中,大韓民国

  • The Irish American Cultural Institute,1998年09月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

  • International James Joyce Foundation,1998年06月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

  • International Association for the Study of Irish Literatures,1993年09月 ~ 継続中,アイルランド

  • 片平会,1992年04月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパ文学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,英語実践演習Ⅰ Advancedクラス①,2015年04月 ~ 継続中,専任

  • 2018年度,英語実践演習Ⅳ Basicクラス①,2015年04月 ~ 継続中,専任

  • 2018年度,英語基礎演習Ⅱ Intermediateクラス⑧,2015年04月 ~ 継続中,専任

  • 2018年度,英語基礎演習Ⅰ Intermediateクラス⑧,2015年04月 ~ 継続中,専任

  • 2018年度,英語基礎演習Ⅰ Intermediateクラス⑨,2015年04月 ~ 継続中,専任

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 岩手大学全学共通教育科目優秀授業 ,2018年07月,岩手大学

  • 岩手大学全学共通教育科目優秀授業,2017年02月,岩手大学,伊東栄志郎

  • 岩手大学全学共通教育科目優秀授業,2016年07月,岩手大学,伊東栄志郎

  • 岩手大学全学共通教育科目優秀授業,2015年02月,岩手大学,伊東栄志郎

  • 岩手大学全学共通教育科目優秀授業 ,2013年01月,岩手大学,伊東栄志郎

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • e-learningプログラム「ぎゅっとe」を本学英語教育に導入 ,2012年09月 ~ 継続中

  • 第55回東北・北海道地区大学一般教育研究会発表:「CALLとホームページを活用した英語教育の実践」,2005年09月

  • マルチメディアを活用した英語教育;会話練習等にグループ学習方式,2003年04月 ~ 継続中

  • 英語教育のためのコンピュータ・ソフト(コステロ英語バーチャル・ワールド)の開発,2003年03月

  • 教育・研究用ホームページ開設:教室学習型CALL及び自律学習型CALL両方に活用中,2000年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • デジタル・ヒューマニティーズ,2017年03月 ~ 継続中

    デジタル・ヒューマニティーズ,ウェブ情報学・サービス情報学,図書館情報学・人文社会情報学,マルチメディア・データベース,国際共同研究,国際研究協力

  • 世界文学,2014年03月 ~ 継続中

    英米・英語圏文学,図書館情報学・人文社会情報学,国際共同研究,国際研究

  • オリエンタリズム,2006年04月 ~ 継続中

    Orientalism,ヨーロッパ文学,史学一般,思想史,個人研究,科学研究費補助金

  • アイルランド文学,1992年04月 ~ 継続中

    J.ジョイス, W.B.イエイツ, S.ヒーニー,ヨーロッパ文学,文学一般,ヨーロッパ史・アメリカ史,個人研究,総合研究

    1.英文学、特にジェイムズ・ジョイスを中心に研究。
    2. 日本の東北地方とアイルランドの比較文化・文学研究
    3. 日本をはじめとする東洋文化の紹介、研究
    4. CALL/CAI

  • 英文学,1989年04月 ~ 継続中

    ジェイムス・ジョイス, アイルランド文学,ヨーロッパ文学,文学一般,哲学・倫理学,個人研究,総合研究

    英文学

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,ジョイスへの扉: 『若き日の芸術家の肖像』を開く十二の鍵,英宝社,2019年03月,編者:高橋渡・河原真也・田多良俊樹

    単行本(学術書),Education: The 'Jesuit' Artist and the Speckled 'Bard',分担執筆,英米・英語圏文学

  • 英語,片平五十周年記念論文集 英語英文学研究,金星堂,2015年03月,Eishiro Ito

    単行本(学術書),pp. 51-67,共著,英米・英語圏文学,英語学,外国語教育

  • 英語,A Companion to James Joyce,Blackwell Publishing,2008年01月,Richard Brown (ed.)

    単行本(学術書),Chapter 12,共著

  • 日本語,ジェイムズ・ジョイス事典,松柏社,1997年06月,A.Nicholas Fargnoli (原著), Michael Patrick Gillespie (原著), ジェイムズジョイス研究会 (翻訳)

    その他,共同作業,共訳,ヨーロッパ文学,文学一般

  • 日本語,英語・英米文学の風,金星堂,1996年03月,伊東栄志郎、他

    単行本(学術書),pp.169-184,共著

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,The Japanese Effect or Haiku on Irish Literature

    片平,54巻 (頁 15 ~ 31) ,2019年03月

    Eishiro Ito

    研究論文(学術雑誌),単著,英米・英語圏文学,ヨーロッパ文学,日本文学

  • 英語,Joyce, Kurosawa and "Star Wars": “monomyth” (FW 581.24)

    片平53号 (頁 1 ~ 18) ,2018年03月

    Eishiro Ito

    研究論文(学術雑誌),単著,ヨーロッパ文学,英米・英語圏文学

  • 英語,Joyce to the World and Murakami to the Globe

    片平英語英文学論叢52号 (頁 1 ~ 18) ,2017年03月

    Eishiro Ito

    研究論文(学術雑誌),単著,英米・英語圏文学,文学一般,日本文学

  • 英語,Reconciliation between Joyce and Yeats at the Noh Theatre

    総合政策 (岩手県立大学総合政策学会),18巻 2号 (頁 89 ~ 101) ,2017年03月

    Eishiro Ito

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著,英米・英語圏文学,ヨーロッパ文学

  • 英語,James Joyce among Modernists/Orientalists

    片平英語英文学論叢51号 (頁 21 ~ 36) ,2016年03月

    Eishiro Ito

    研究論文(学術雑誌),単著,英米・英語圏文学,ヨーロッパ文学

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,東日本大震災と東アジアのジョイス研究動向,日本ジェイムズ・ジョイス協会,Joycean Japan: Newsletter201011号 (頁 2 ~ 3) ,2011年11月,伊東栄志郎

    総説・解説(学術雑誌),報告全体,単著,ヨーロッパ文学,文学一般,ヨーロッパ史・アメリカ史

  • 日本語,“Re-Nascent Joyce”から“Glocalizing Joyce”へ,日本ジェイムズ・ジョイス協会,Joycean Japan200810号 (頁 2 ~ 3) ,2008年10月,伊東栄志郎

    総説・解説(学術雑誌),国際学会報告全体,単著,ヨーロッパ文学,文学一般,ヨーロッパ史・アメリカ史

  • 英語,News/ Seoul Joyce Conference,James Joyce Broadsheet, no. 70, October 2004. University of Leeds, United Kingdom,James Joyce Broadsheet, no. 70, October 2004. University of Leeds, United Kingdom,2005年02月,Eishiro Ito

    総説・解説(その他),1頁,共著,哲学・倫理学,ヨーロッパ文学,ヨーロッパ史・アメリカ史

  • 英語,News/ Japanese Centenary Bloomsday,University of Leeds, United Kingdom,James Joyce Broadsheet, no. 69, October 2004. University of Leeds, United Kingdom69号 (頁 4) ,2004年10月,Eishiro Ito

    総説・解説(学術雑誌),1頁,単著,ヨーロッパ文学,文学一般,ヨーロッパ史・アメリカ史

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 2019 International James Joyce Symposium "Joyce Without Borders",国際会議,2019年06月,Casa Internacional del Libro of the UNAM (CASUL), Mexico City, Mexico,2019 North American James Joyce Symposium "Joyce Without Border",口頭(一般),英米・英語圏文学,地域研究

  • XXVI International James Joyce Symposium: "The Art of James Joyce.",学会,2018年06月,University of Antwerp, Belgium,Education: The ‘Jesuit’ Artist and The Speckled ‘Bard',シンポジウム・ワークショップ パネル(指名),英米・英語圏文学,ヨーロッパ文学,外国語教育

  • East-West Comparative Literature, World Literature, and Digital Humanities,学会,2017年11月,Dongguk University, Seoul, Korea,James Joyce Studies and Japanese Literature in the Digital Humanities,口頭(招待・特別),文学一般,ウェブ情報学・サービス情報学,マルチメディア・データベース

  • Zurich James Joyce Workshop 2017: "Joycean Postscrapt",学会,2017年07月 ~ 2017年08月,Zurich James Joyce Foundation, Switzerland,Japanese/Chinese Postscrapt in "Finnegans Wake",口頭(一般),英米・英語圏文学,ヨーロッパ文学,文学一般

  • IASIL 2017: "Ireland's Writers in the 21st Century,学会,2017年07月,Nanyang Technological University, Singapore,The Japanese Effect on Yeats, Joyce and Heaney,口頭(一般),英米・英語圏文学,ヨーロッパ文学,日本文学

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • Sean Latham, ed. 2010. James Joyce (Visions and Revisions: Irish Writers in their Time),2011年02月

    書評

  • Cormac Ó Gráda, Jewish Ireland in the Age of Joyce: A Socioeconomic History (Princeton University Press, 2006),2007年06月

    書評

研究についてのマスコミによる報道 【 表示 / 非表示

  • “One day to discuss the ‘blah blah’”,The Times Higher Education Supplement,2004年06月,Steve Farrar, 伊東栄志郎

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2019年03月,ジェイムズ・ジョイスと東アジア中心の脱欧入亜論

    研究代表者:伊東栄志郎
    研究経費 (直接経費):3,500千円 (5年間合計)
    研究成果:

    (1) 2014年6月にオランダのユトレヒト大学で開催された第24回国際ジェイムズ・
    ジョイス・シンポジウムで"The Great War and Modernism: Joyce among Orientalists"を発表した。同年10月に早稲田大学で開催された第31回国際アイルランド文学協会日本支部年次大会の「ジョイスと世界文学」のパネルで"Joyce to the World and Murakami to the Globe"と題して発表した。

    (2) 2015年6月に大韓民国江南大學校で開催された第6回国際ジェイムズ・ジョイス学会に招待され、"Joyce and Salinger: A Study of Their References to Buddhism"を発表した。同年7月英国ヨーク大学で開催された第39回国際アイルランド文学協会年次大会において"Reconciliation between Joyce and Yeats at the Noh Theatre"を発表した。

    (3) 2016年6月にロンドン大学で開催された第25回国際ジェイムズ・
    ジョイス・シンポジウムで"Joyce, Kurosawa and "Star Wars": 'Monomyth' (FW 581.24)"を発表した。

    (4) 2017年6月にカナダのトロント大学で開催された北米ジェイムズ・ジョイス学会"Diasporic Joyce"において"Joycean Diaspora in Chinese/ Japanese Written Character"を発表した。同年7月シンガポールの南洋理工大学で開催された第41回国際アイルランド文学協会年次大会において"The Japanese Effect on Yeats, Joyce and Heaney"を発表した。同年8月スイスのチューリッヒ・ジェイムズ・ジョイス財団にて開催されたチューリッヒ・ジェイムズ・ジョイス・ワークショップにおいて"Japanese/Chinese Postscrapt in 'Finnegans Wake'"を発表した。同年11月大韓民国東國大學校にて開催された第2回国際比較文学学会"East-West Comparative Literature, World Literature, and Digital Humanities"に招待され、"James Joyce Studies and Japanese Literature in the Digital Humanities"を発表した。

    (5) 2018年6月にベルギーのアントワープ大学で開催された第26回国際ジェイムズ・ジョイス・シンポジウムで"Education: The ‘Jesuit’ Artist and The Speckled ‘Bard’"を発表した。

    〔雑誌論文〕(計 6 件)
    〔学会発表〕(計 10 件)
    〔図書〕 (計 2 件)

  • 基盤研究(C),2009年04月 ~ 2014年03月,ジェイムズ・ジョイスと東洋文化の系譜学

    研究代表者:伊東栄志郎
    研究経費 (直接経費):3,000千円 (5年間合計)
    研究成果:

    (1)2009年7月末にスコットランドのグラスゴー大学で開催された第33回国際アイルランド文学協会年次大会で、「イスラエル的及びイスラム的にダブリンを描く ジェイムズ・ジョイスの多国籍モダニティ」を発表した。

    (2) 2010年6月に、プラハのカレル大学開催の第22回国際ジェイムズ・ジョイス・シンポジウムで、「『フィネガンズ・ウェイク』における能と禅」を発表した。11月ソウル世宗大学開催の韓国ジョイス協会主催第4回東アジア・ジョイス学会において、「極東への旅 聖フランシスコ・ザビエルを中心にイエズス会の視点でジョイスを読む」を発表した。

    (3) 2011年7月ベルギーのルーヴェン・カトリック大学開催の第35回国際アイルランド文学協会年次大会で「「快い哲学」ジョイス作品における宗教的アイデンティティの和解」を発表した。

    (4) 2012年6月にダブリン大学トリニティ・カレッジとユニバーシティ・カレッジ・ダブリン共催の第23回国際ジェイムズ・ジョイス・シンポジウムで、「アイルランド性のアジア性を意識すること ジョイス周辺のアイルランド人オリエンタリストたち」を発表した。11月韓国全南大学開催の韓国ジョイス協会主催第5回東アジア・ジョイス学会で「三人の日本人ハイブリッド・ジョイシアンたち 芥川龍之介、伊藤整、村上春樹」を発表した。12月韓国釜山BEXCO開催の韓国英文学会(ELLAK)主催国際年次研究大会 2012で「ジョイスとイェイツにおける能と禅 東アジアにおける日本文化の位置付け」を発表した。

    (5) 2013年7月北アイルランドのクィーンズ大学ベルファストで開催された第37回国際アイルランド文学協会年次大会で、「ジョイスと都市「ウェストランド通りで彼はベルファスト・アンド・オリエンタル紅茶店の陳列窓の前で立ち止まった」(U 5.17-18)」を発表した。8月中国上海復旦大学開催の上海ジェイムズ・ジョイス・シンポジウムで「ジョイスの「ひび割れた鏡」を通してみた中国と日本」を発表した。

    〔雑誌論文〕(計 8 件)
    〔学会発表〕(計 9 件)
    〔図書〕 (計 1 件)

  • 基盤研究(C),2006年04月 ~ 2009年03月,ジェイムズ・ジョイスとオリエンタリズム

    研究代表者:伊東栄志郎
    研究経費 (直接経費):1,800千円 (3年間合計)
    研究成果:

    (1) 2006年度前半には、主として東方ユダヤ人の研究を行った。具体的には、『ユリシーズ』の主人公レオポルド・ブルームの父親の出身地ハンガリーにおいて19世紀中葉のユダヤ人の歴史を調査した。

    (2) 2006年度後半は、韓国ソウル大学等で開催された東アジア・ジョイス学会に招聘され、日本とジョイスの関係についてポスト・コロニアリズムの視点からの発表準備とそのまとめのための作業に時間を費やした。

    (3) 2007年度には、アイルランドのユニヴァーシティ・コレッジ・ダブリンで開催された国際アイルランド文学学会(IASIL)において、ロシアを含む東欧諸国から移民してきたユダヤ人の生活がどのように『ユリシーズ』に描かれているかを考察した。

    (4) 2008年6月には、フランスのトゥール市のフランソワ・ラブレー大学で開催された国際ジェイムズ・ジョイス・シンポジウムにおいて「ジョイスとジャポニスム」というテーマで発表した。

    (5) 2008年9月には、韓国ソウル市の成均館大學校で開催された東アジア・ジョイス学会に参加し、『ユリシーズ』のオリエンタリズムを分かりやすくかつ一般的体系化を目的として検証した。

    〔雑誌論文〕(計 4 件)
    〔学会発表〕(計 5 件)
    〔図書〕 (計 1 件)

財団研究費及び全学プロジェクト等研究費 【 表示 / 非表示

  • 岩手県学術研究振興財団,2000年04月 ~ 2004年03月,東北とアイルランドの比較文化・文学研究

 

一般教育 【 表示 / 非表示

  • 静岡県西部高等教育ネットワーク会議 共同授業 『環境と人間』,1997年12月

  • 浜松短期大学英語科公開講座 第1回「英文学と女性」,1995年06月

学会における役職等 【 表示 / 非表示

  • 日本英文学会東北支部,学会開催校準備委員,2011年11月 ~ 2012年11月

  • 韓国ジェイムズ・ジョイス協会,国際アドヴァイザー,2004年11月 ~ 継続中

学会における活動 【 表示 / 非表示

  • The 8th International James Joyce Conference: "Joyce and Technological Culture",2019年05月

  • XXVI International James Joyce Symposium: "The Art of James Joyce",2018年06月

  • The 2nd International Conference in Commemoration of Its 20th Foundation Anniversary: "East-West Comparative Literature, World Literature, and Digital Humanities",2017年11月

  • The 6th International Conference on James Joyce: "Glocal Joyce" ,2015年06月

  • The 2013 Shanghai James Joyce Symposium,2013年08月

全件表示 >>

その他の社会・地域貢献 【 表示 / 非表示

  • 台風10号(2016)復興支援活動,2016年09月

  • 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員,2008年04月 ~ 2012年03月

  • 日本学術振興会 外国人特別研究員審査会専門委員,2008年04月 ~ 2010年03月