基本情報

写真a

熊本 哲也

KUMAMOTO Tetsuya


職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  文学部  フランス文学科

    大学,1983年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  文学研究科  フランス語フランス文学専攻博士課程前期

    博士課程,1987年03月,修了,日本国

  • 東北大学  文学研究科  フランス語フランス文学専攻博士課程後期

    博士課程,1996年03月,単位取得満期退学,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学文学研究科 文学修士,フランス文学,東北大学,課程

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 岩手県立大学 社会福祉学部 ,講師,1998年04月 ~ 2004年03月

  • 岩手県立大学 社会福祉学部 ,助教授,2004年04月 ~ 2006年03月

  • 岩手県立大学 共通教育センター ,助教授,2006年04月 ~ 2007年03月

  • 岩手県立大学 共通教育センター ,准教授,2007年04月 ~ 2014年03月

  • 岩手県立大学 高等教育推進センター ,准教授,2014年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • フランス・ニース大学,第三期課程,1989年10月 ~ 1990年09月

  • スイス・ジュネーヴ大学,高等研究課程,1992年10月 ~ 1994年09月

  • 東北大学文学部,助手,1996年05月 ~ 1998年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 教育哲学会,2017年02月 ~ 継続中,日本国

  • 『百科全書』・啓蒙研究会,2014年07月 ~ 継続中,日本国

  • ジャン=ジャック・ルソー協会,2014年01月 ~ 継続中,スイス連邦

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • フランス語教育

  • 18世紀思想研究:ルソー研究

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,フランス語・フランス文化II

  • 2018年度,フランス語・フランス文化I

  • 2018年度,フランス語・フランス文化II

  • 2018年度,フランス語・フランス文化I

  • 2018年度,フランス語IV

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • フランス語教科書『Quoi de neuf』作成出版,2016年06月

  • フランス語 II、フランス語 IV、フランス語フランス文化 II、フランス事情の授業評価実施,2007年02月

  • フランス語 I、フランス語 III、フランス語フランス文化 Iの授業評価実施,2006年07月

  • 日本フランス語フランス文学会、フランス語教育学会、フランス大使館、三者共催のフランス語教育国内スタージュに関して現地責任者として運営、組織に携わった。,2006年03月

  • フランス語 II、フランス語 IV、フランス語フランス文化 II、フランス事情の授業評価実施,2006年02月

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 表象文化論,2000年04月 ~ 継続中

    表象、映画、映像、トリュフォー、ルノワール,ヨーロッパ文学,文学一般,個人研究,その他の研究制度

    主にフランスの映画監督、映画作品の表象について分析する。

  • ルソーにおける音楽論研究,2000年04月 ~ 継続中

    ルソー、音楽論、言語論、18世紀,哲学・倫理学,ヨーロッパ文学,思想史,個人研究,その他の研究制度

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,Quoi de neuf 図解明解フランス語,朝日出版社,2018年01月,熊本哲也、辻野俊哉、翠川博之

    教科書,単著

  • 日本語,教員養成を問いなおす、教員養成における「教育関係論」とエミールにおける「関係」論について,東洋館出版社,2016年03月,下司晶,須川公央,関根宏朗

    単行本(一般書),共著,教育学,哲学・倫理学

  • 日本語,表皮と核,松籟社,2014年03月,大西雅一郎、山崎冬太、梅木達郎、熊本哲也 他

    単行本(学術書),IV部4,5,6章 VI部3章,共訳,哲学・倫理学

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,ルソーの『言語起源論』を中心とする「機会原因論」の観念に関して

    岩手県立大学高等教育推進センター紀要「リベラルアーツ」第12号12号 (頁 1 ~ 13) ,2017年12月

    熊本哲也

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著,ヨーロッパ文学,哲学・倫理学,美学・芸術諸学

  • 日本語,小津安二郎『東京物語』における反復的時間と不可逆的時間

    岩手県立大学高等教育推進センター紀要「リベラルアーツ」第10号10号 (頁 101 ~ 114) ,2016年03月

    熊本哲也

    研究論文(学術雑誌),単著,美学・芸術諸学,ヨーロッパ文学

  • 日本語,ジャン=ジャック・ルソーにおける政治論、化学論の間にある横断的概念について

    岩手県立大学高等教育推進センター紀要「リベラル・アーツ」9号 (頁 83 ~ 94) ,2015年03月

    熊本 哲也

    研究論文(学術雑誌),単著,ヨーロッパ文学,思想史,哲学・倫理学

  • 日本語,ルソーの音楽美学における「関心」と「イリュージョン」について

    岩手県立大学共通教育センター 『リベラル・アーツ』第7号,1巻 7号 ,2013年01月

    熊本哲也

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著,哲学・倫理学,思想史,美学・芸術諸学

  • 日本語,ジャン・ルノワールの作品における「窓」の表象に関して・・・第二次大戦前の「牝犬」「ピクニック」「大いなる幻影」の三作品における「窓」の表象の変遷

    岩手県立大学共通教育センター 『リベラル・アーツ』第5号,1巻 5号 (頁 13 ~ 24) ,2011年01月

    熊本哲也

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著,哲学・倫理学,ヨーロッパ文学

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,ルソー、ディドロ、フランス18世紀,日本フランス語フランス文学会東北支部会,Nord-Est 第5号・6号合併号5,6号 (頁 49 ~ 65) ,2013年05月,熊本 哲也、阿尾 安泰、逸見 龍生

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本認知科学会「文学と認知・コンピュータII研究分科会」(LCCII),学会,2012年12月,岩手県水産会館5階中会議室,ルソーにおける「善き市民像」と「一般意志」の生成過程に関して,口頭(一般),哲学・倫理学,ヨーロッパ文学,政治学

  • 日本フランス語フランス文学会東北支部大会,学会,2012年11月,岩手県立大学(アイーナキャンパス),シンポジウム:ルソー、ディドロ、フランス18世紀;「ルソー、ディドロ、イリュージョン」,口頭(一般),哲学・倫理学,ヨーロッパ文学

  • 日本フランス語フランス文学会秋季全国大会,学会,2012年10月,神戸大学,ワークショップ:ルソーからの読解 ― 18世紀の語るもの:「ルソーの音楽論における「関心」と「イリュージョン」に関して」,口頭(一般),哲学・倫理学,ヨーロッパ文学

  • 女性、ヒロイン、社会,国際会議,2010年09月,岩手大学北桐ホール,ルソーの『告白』における女性たちについて,口頭(一般),ヨーロッパ文学,思想史

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 『表皮と核』,2004年04月 ~ 2014年03月

    翻訳

  • 『恐怖の物語』,2001年03月

    翻訳

財団研究費及び全学プロジェクト等研究費 【 表示 / 非表示

  • 初級フランス語教育用のCD—ROMを含めた教材の作製,2003年04月 ~ 2005年03月,コンピュータ環境におけるフランス語教育

    共同研究者:辻野稔哉

 

一般教育 【 表示 / 非表示

  • フランスにおける福祉,2005年09月

学会における役職等 【 表示 / 非表示

  • 日本フランス語フランス文学会,東北支部支部長,2018年06月 ~ 継続中

  • 日本フランス語フランス文学会,東北支部代表幹事,2015年06月 ~ 継続中

  • 日本フランス語フランス文学会,学会誌編集委員18世紀部会世話人,2013年06月 ~ 2015年06月

  • 日本フランス語フランス文学会,学会誌編集委員,2008年06月 ~ 2015年06月

学会における活動 【 表示 / 非表示

  • 日本フランス語フランス文学会東北支部大会,2012年11月

  • 女性・ヒロイン・社会,2010年09月

  • 日本フランス語フランス文学会,2008年06月 ~ 継続中

  • 日本フランス語フランス文学会,2008年06月 ~ 継続中

  • 日本フランス語フランス文学会,2004年06月 ~ 継続中

全件表示 >>