宇佐美 誠史 (ウサミ セイジ)

USAMI Seiji

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

交通政策、都市計画

メールアドレス

メールアドレス

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1995年03月

    大阪府立工業高等専門学校   未記入   土木工学科   高等専門学校   卒業   日本国

  •  
    -
    1997年03月

    福井大学   工学部   環境設計工学科   大学   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年03月

    福井大学  工学研究科  博士前期課程環境設計工学専攻  博士課程  修了  日本国

  •  
    -
    2002年03月

    福井大学  工学研究科  博士後期課程システム設計工学専攻  博士課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 福井大学 -  博士(工学)  土木計画学・交通工学  課程

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2011年03月

    岩手県立大学   総合政策学部   助手  

  • 2011年04月
    -
    2016年03月

    岩手県立大学   総合政策学部   助教  

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    岩手県立大学   総合政策学部   講師  

  • 2018年04月
    -
    継続中

    岩手県立大学   総合政策学部   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

      大阪府立工業高等専門学校建設工学科   期限付講師

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 0001年01月
     
     
     

    土木学会  日本国

  • 0001年01月
     
     
     

    環境情報科学センター  日本国

  • 0001年01月
     
     
     

    交通工学研究会  日本国

  • 0001年01月
     
     
     

    日本都市計画学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 土木計画学・交通工学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2021年度  総合政策特別研究指導Ⅲ

     
     
     

  • 2021年度  総合政策特別研究指導Ⅲ

     
     
     

  • 2021年度  総合政策特別研究指導Ⅱ

     
     
     

  • 2021年度  総合政策特別研究指導Ⅱ

     
     
     

  • 2021年度  総合政策特別研究指導Ⅰ

     
     
     

全件表示 >>

指導学生数及び学位記授与者数 【 表示 / 非表示

  • 2020年度

    卒業研究指導

    :

    11人

    研究指導:博士(前期)課程

    :

    0人

    研究指導:博士(後期)課程

    :

    1人

    学位記授与者数:博士(前期)課程

    :

    0人

    学位記授与者数:博士(後期)課程

    :

    0人

  • 2019年度

    卒業研究指導

    :

    9人

    研究指導:博士(前期)課程

    :

    0人

    研究指導:博士(後期)課程

    :

    0人

    学位記授与者数:博士(前期)課程

    :

    0人

    学位記授与者数:博士(後期)課程

    :

    0人

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

    2015地域創造学習プログラム(二戸コース)

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

    2014地域創造学習プログラム(釜石コース)

  • 2013年04月
    -
    2014年03月

    2013知の拠点試行事業(陸前高田大船渡コース)

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 地域の足を守るー西和賀町ボランティア型デマンド交通の試みー

    宇佐美誠史 (担当: 単著 )

    日本語 

    岩手地域総合研究所  2019年12月

  • 今日の地域課題と展望ー農政・林業・地域交通・社会保障ー

    宇佐美誠史,伊藤幸男,横山英信,菅野道生 (担当: 共著 )

    日本語 

    岩手地域総合研究所  2015年09月

論文 【 表示 / 非表示

  • コミュニティバスへの簡易な 乗降システム導入による移動特性の把握

    元井初音,宇佐美誠史,佐藤大樹,山崎浩幸,荻原弘章

    土木計画学研究・講演集  64   2021年

    研究論文(学術雑誌)

    共著  日本語

  • 東日本大震災被災地での鉄道復旧意識とBRTに関する 考察

    元田良孝,宇佐美誠史,湯田直人

    交通工学論文集  1 ( 2 ) 40 - 46   2015年

    研究論文(学術雑誌)

    共著  英語

  • 陸前高田市応急仮設住宅に住む人々の生活活動や健康、交通に関する調査研究

    宇佐美誠史,元田良孝

    第33回交通工学研究発表会論文集    2013年09月

    研究論文(学術雑誌)

    共著  日本語

  • 被災地周辺における震災直後の交通・給油行動に関する考察

    元田良孝,宇佐美誠史,佐藤枝里子

    第32回交通工学研究発表会論文集    2012年09月

    研究論文(学術雑誌)

    共著  日本語

  • 通行方向・赤信号に関する自転車の交通違反の原因に関する研究

    元田良孝,宇佐美誠史,熊谷秋絵

    第30 回交通工学研究発表会    2010年09月

    研究論文(学術雑誌)

    共著  日本語

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 過疎地における地域交通のあり方

    宇佐美誠史

    今日の地域課題と展望~農政・林業・地域交通・社会保障~ ( 岩手地域総合研究所 )    3 - 35   2015年09月

    総説・解説(その他)   単著  日本語 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 被災地居住者の交通と健康に関する調査研究-陸前高田市民アンケート、健康診断-

    学会  第50回土木計画学研究発表会(秋大会)  口頭(一般) 

    2014年11月
     
     

  • 雫石あねっこバスの経年評価~運転免許保有利用者の動向~

    学会  平成26年度土木学会全国大会 第69回年次学術講演会  口頭(一般) 

    2014年09月
     
     

  • 自転車の歩道通行の安全性等に関する文献調査

    学会  第49回土木計画学研究発表会(春大会)  口頭(一般) 

    2014年06月
     
     

  • 東日本大震災以降の陸前高田市民の交通と健康に関する調査研究

    学会  第48回土木計画学研究発表会(秋大会)  ポスター(一般) 

    2013年11月
     
     

  • 自転車の歩道通行方向に関する考察

    学会  第47回土木計画学研究発表会(春大会)  口頭(一般) 

    2013年06月
     
     

全件表示 >>

研究についてのマスコミによる報道 【 表示 / 非表示

  • 走れデマンド・バス 計画策定ノウハウ解説

    2009年02月  盛岡タイムス 

    元田良孝教授、高嶋裕一准教授、久保協一アイーナキャンパス長 

  • 自動車の使用減らそう

    2008年02月  岩手日報 

    宇佐美誠史 

  • 交通違反、認識の甘さ

    2006年08月  岩手日報 

    宇佐美誠史 

  • 地域の足 存続応援 「バス110番」岩手県立大に開設

    2006年07月  河北新報 

    元田良孝,宇佐美誠史 

  • 山田線にLRT車両を

    2006年07月  盛岡タイムス 

    宇佐美誠史 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 震災による仮設住宅居住者のモビリティと健康に関する研究

    基盤研究(B)

    2014年04月
    -
    2017年03月

    仮設住宅での健康管理と交通の充足度についての知見を得るために,本研究では,まず,主に陸前高田市内の仮設住宅を対象に,路線バスが走っている幹線道路から仮設住宅までの距離や勾配など立地状況の調査をおこなう.次に,陸前高田市民などを対象として,定量的に健康の状態を把握するために,定期的に健康診断をおこなう.同時に,市民の生活や交通の状況と健康に関するアンケートをおこなう.必要に応じて,仮設住宅居住者に対して,ヒアリング調査をおこない,仮設住宅における健康管理の状況,通院状況などを把握する.
    本研究で得られたデータや他の調査研究に関する文献などから,今後の被災地での仮設住宅政策,医療活動,交通計画に関して,提言をまとめる.

財団研究費及び全学プロジェクト等研究費 【 表示 / 非表示

  • 全学プロジェクト等研究費公募型地域課題研究

    持続可能な自転車の安全教育や自転車利用環境向上に関する研究 

    2007年03月
    -
    2010年03月

  • 全学プロジェクト等研究費地域貢献調査活動研究

    自治体の公共交通計画策定支援に関する研究 

    2006年04月
    -
    2009年03月

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 市町村における生活交通計画・運営のための地域的条件に関する研究

    提供機関: (社)交通工学研究会  (社)交通工学研究会自主研究

    2006年04月
    -
    2008年03月

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • キャッシュレス決済導入による公共交通の利用促進に関する研究

    提供機関: 矢巾町役場  一般受託研究

    2020年02月
    -
    2021年02月

  • 矢巾町循環バスの再編に関する調査研究

    提供機関: 矢巾町役場  一般受託研究

    2018年10月
    -
    2019年07月

  • 小型EVを見据えた地域自動車関連産業創出FS調査

    提供機関: 日本立地センター  一般受託研究

    2015年12月
    -
    2016年03月

  • 自発光式視線誘導標の研究動向調査及び製品評価実験

    提供機関: (株)イズム  一般受託研究

    2006年09月
    -
    2007年03月

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 地域の「⾒える化」教育にかかる共同研究

    提供機関: 公益財団法人 東北活性化研究センター  国内共同研究

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 江釣子ショッピングセンターにおける買い物客向け交通サービスの利便性向上に向けた調査研究

    提供機関: 協同組合江釣子ショッピングセンター  学内共同研究

    2017年08月
    -
    2018年03月

  • スマートデリニエータの開発に関する研究

    提供機関:   その他

    2010年08月
    -
    2011年03月

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 公共交通利用を始めとした位置情報データ取得と幅広い分野への活用に関する研究

  • 地域や都市づくり、交通に関して、学生と地域との協働による調査研究

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する  共同研究

  • 交通まちづくり

  • 被災地の交通計画、災害時の避難行動

  • 自転車走行空間づくり

全件表示 >>

 

地方自治体、企業などにおける活動 【 表示 / 非表示

  • 滝沢市都市計画審議会会長

    2015年10月
    -
    継続中

  • 宮古市都市計画審議会会長

    2016年06月
    -
    継続中

  • 盛岡市地域公共交通会議会長

    2018年03月
    -
    継続中

  • 滝沢市地域公共交通会議会長

    2016年12月
    -
    継続中

  • 矢巾町地域公共交通会議会長

    2017年01月
    -
    継続中

全件表示 >>

一般教育 【 表示 / 非表示

  • 北いわての地域課題の解決に向けた取組の状況と今後の展望 主催:岩手県立大学

    2021年03月
     
     

学会における活動 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    継続中

    (社)土木学会土木計画学研究委員会自転車政策研究小委員会幹事

  • 2008年06月
    -
    2010年05月

    土木学会土木計画学研究委員会委員

  • 2008年04月
    -
    2011年03月

    (社)土木学会土木計画学研究委員会自転車空間研究小委員会委員

  • 2005年06月
    -
    2008年05月

    (社)土木学会土木計画学研究委員会生活交通サービス研究小委員会委員

その他の社会・地域貢献 【 表示 / 非表示

  • 2006年03月
    -
    継続中

    自治体向け公共交通相談窓口「バス110番」を開設、アドバイザーを全国展開し、全国各地からの相談などに応じている。