基本情報

写真a

桒田 但馬

KUWADA Tajima


職名

准教授

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 立命館大学  法学部  法学科

    大学,1996年03月,卒業,日本国

  • ブリティッシュコロンビア州キャピラノカレッジ  アカデミックトランスファープログラム  パートタイムストューデント

    大学,1998年03月,その他,カナダ

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 立命館大学  政策科学研究科

    修士課程,2000年03月,修了,日本国

  • 立命館大学  経済学研究科

    博士課程,2003年03月,単位取得満期退学,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 経済学博士,財政・公共経済,立命館大学,論文

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 岩手県立大学 総合政策学部 ,講師,2007年04月 ~ 2010年03月

  • 岩手県立大学 総合政策学部 ,准教授,2010年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本災害復興学会,2016年09月 ~ 継続中,日本国

  • 日本地方自治学会,2009年11月 ~ 継続中,日本国

  • 日本租税理論学会,2004年12月 ~ 継続中,日本国

  • 日本地域経済学会,2001年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本財政学会,2000年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,地方財政研究指導Ⅰ~Ⅳ

  • 2018年度,地方財政研究指導Ⅰ~Ⅳ

  • 2018年度,地方財政研究指導Ⅰ~Ⅳ

  • 2018年度,地方財政研究指導Ⅰ~Ⅳ

  • 2018年度,地方財政研究

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,内山昭編著『財政とは何か[改訂版]』(担当論文「日本の財政システム(1):一般会計の支出と収入」(2-1~2-3、補論)、「国と地方の財政関係」(内山との共著)、「災害の財政」) ,税務経理協会,2018年11月,内山昭、桒田但馬、曹瑞林、河音琢郎他2名

    教科書,共著

  • 日本語,桒田但馬『地域・自治体の復興行財政・経済社会の課題―東日本大震災・岩手の軌跡から―』,クリエイツかもがわ,2016年11月,桒田但馬

    単行本(学術書),全260ページ,単著

  • 日本語,日本租税理論学会編『中小企業課税』(担当論文「東日本大震災に伴う特別課税と災害対策の課題」) ,財経詳報社,2016年09月,桒田但馬、他8名

    単行本(学術書),p.151~p.167,共著

  • 日本語,現代公益学会編『東日本大震災後の協同組合と公益の課題』(担当論文「佐久総合病院の医療・福祉事業による地域づくり」) ,文眞堂,2015年10月,桒田但馬他13名

    単行本(学術書),p.182~p.193,共著

  • 日本語,内山昭編著『財政とは何か』(担当論文「日本の財政システム(1):一般会計の支出と収入」(2-1~2-3、補論)、「国と地方の財政関係」(内山との共著)、「災害の財政」),税務経理協会,2014年07月,桒田但馬、内山、曹瑞林、河音琢郎他2名

    教科書,pp.37-43、pp.49-52、pp.69-82、pp.225-241,共著

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,「東日本大震災復興における大型公共事業の教訓―防潮堤整備事業を中心に―」

    『地域経済学研究』35号 (頁 11 ~ 31 ) ,2018年09月

    桒田但馬

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 日本語,「東日本大震災と熊本地震からの復興政策の実態と課題―変化をどう説明するか―」

    『大阪経大論集』,69巻 2号 (頁 149 ~ 185) ,2018年07月

    桒田但馬

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 日本語,「2016年台風10号豪雨からの岩手復興政策の課題―住民・生活本位の公的支援―」

    『季刊自治と分権』72号 (頁 76 ~ 85) ,2018年07月

    桒田但馬

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 日本語,「岩手沿岸市町村の震災対応財政6年間―土地利用関連事業を中心に―」

    『総合政策』,19巻 (頁 77 ~ 99) ,2018年03月

    桒田但馬

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 日本語,「農山村の再生に向けた大学の継続的な地域連携―岩手県での活動にもとづく課題提起―」

    『季刊地理学』,69巻 1号 (頁 19 ~ 33) ,2017年04月

    桒田但馬

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,「津波に襲われた沿岸域と内陸地域」,クリエイツかもがわ,『東日本大震災100の教訓―地震・津波編』 (頁 16 ~ 17) ,2019年02月,桒田但馬

    総説・解説(その他),単著

  • 日本語,「地方財政ー予算制度」,大月書店,『季刊自治と分権』67号 (頁 109 ~ 112) ,2017年04月,桒田但馬

    総説・解説(商業誌),単著

  • 日本語,「地方財政―地方債」,大月書店,『季刊自治と分権』65号 (頁 100 ~ 103) ,2016年10月,桒田但馬

    総説・解説(商業誌),単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本財政学会第75回大会,学会,2018年10月,香川大学,「熊本地震からの復興財政2年間」(単独)(特別セッション「災害復興財政のあり方を考える」) ,口頭(招待・特別)

  • 日本地域経済学会第29回大会,学会,2017年12月,東北学院大学,「東日本大震災復興における大型公共事業の教訓―防潮堤整備事業を中心に―」(単独)(共通論題シンポジウム「国土強靭化/公共事業の地域経済社会」) ,口頭(一般)

  • 経済地理学会北東支部2017年度研究会,学会,2017年11月,岩手県立大学アイーナキャンパス,「東日本大震災からの生活と産業の復興6年間」(単独),口頭(一般)

  • 日本財政学会第74回大会,学会,2017年09月,立教大学,「岩手沿岸市町村の震災対応財政6年間」(単独)(震災復興セッション「東日本大震災復興の現段階:津波被害に焦点を当てて」),口頭(一般)

  • 日本地方財政学会第24回大会,学会,2016年05月,静岡大学,「東日本大震災と地方財政」(単独)(日韓セッション「防災・災害復興と地方財政」・日本代表報告),口頭(一般)

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 展望「歴史から解き明かす岩手・地域医療の課題―住民とのつながりにみる展望」(『岩手県保険医新聞』第509号),2018年12月 ~ 2019年02月

    その他

  • 調査報告「平成30年7月豪雨災害からの復旧4ケ月―倉敷市真備地区を中心に―」 (自治労連・地方自治問題研究機構『研究と報告』第131号),2018年08月 ~ 2018年11月

    調査報告書

  • 講演録「岩手における東日本大震災復興の中間評価」(『東北産業経済研究所紀要』第36号),2017年03月

    その他

  • 学会動向「日本地方財政学会第24回大会」,2016年10月

    その他

  • 調査報告「平成28年台風10号豪雨からの産業復興と自治体財政」(『総合政策』第20巻) ,2016年09月 ~ 2018年09月

    調査報告書

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 自治体問題研究所創立40周年記念「地方自治に関する優れた研究業績表彰」入選(論文「過疎自治体財政の分析と評価-90年代の京都府下『小規模山村』を中心に-」),2003年11月,日本国,その他の賞,自治体問題研究所40周年記念著作・論文表彰選考委員会,桒田但馬

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2012年04月 ~ 2014年03月,大震災後の農村地域医療における公立病院等と住民参加の政策課題:岩手モデルの可能性

    本研究の目的は、総務省「公立病院改革ガイドライン」(2007年12月)のような自治体立病院改革(経営効率化、再編・ネットワーク化、経営形態見直し)の推進に対して批判的なスタンスから、農山漁村・過疎市町村における地域医療の供給体制とその改革に関する問題を実証的に明らかにし、政策的な課題を提起するなかで、2011年3月11日の東日本大震災からの復旧、復興に向けて、甚大な被害を受けた岩手県南東部の県立病院等を主な事例にして、公立病院等の岩手モデルを展望することである。

財団研究費及び全学プロジェクト等研究費 【 表示 / 非表示

  • 2017年度(第15回)生協総研賞・助成事業,2017年10月 ~ 2018年11月,「震災以降の協業化が漁業者ー水産加工業者の取引構造に与える影響」(分担)

  • 平成29年度全学競争研究費,2017年08月 ~ 2020年03月,「被災地沿岸部の水産業における高付加価値化及び企業間連携による協業化の効果と課題」(分担)

  • 地域政策研究センター「総合戦略推進支援事業」,2016年06月 ~ 2017年03月,「住民参加型の出産・子育て環境づくりに関する調査および実践サポート」(代表)

  • 地域政策研究センター「地方創生協働研究」,2015年06月 ~ 2016年03月,「北上市における総合戦略策定にかかる人口減少地区の活性化策に関する研究―地域資源利活用の調査を中心に―」(代表)

  • 平成25年度公益財団法人さんりく基金大学連携地域支援事業,2013年04月 ~ 2014年02月,「旧種市町の中心街再生に向けた地区間連携および特色づくりに関する調査・実践」(代表)

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 生涯学習による地域活性化調査研究(代表),2010年06月 ~ 2011年03月,岩手県(教育委員会),一般受託研究

  • 産学連携による地域資源活用推進の調査研究(代表),2009年07月 ~ 2010年03月,岩手県商工会連合会,一般受託研究

 

地方自治体、企業などにおける活動 【 表示 / 非表示

  • いわて水道ビジョン策定検討会副委員長(委嘱者・岩手県知事達増拓也) ,2018年11月 ~ 2019年04月

  • いわて汚水処理ビジョン検討委員会委員(委嘱者・岩手県知事達増拓也),2017年03月 ~ 2018年03月

  • 洋野町ふるさと大使,2016年08月 ~ 2020年07月

  • 岩手県地域年金事業運営調整会議委員長(委嘱者日本年金機構盛岡年金事務所長),2016年04月 ~ 2018年03月

  • 岩手県洋野町総合計画審議会会長,2015年08月 ~ 2017年08月

全件表示 >>

学会における役職等 【 表示 / 非表示

  • 日本地域経済学会,2018・19年度編集委員会委員,2018年04月 ~ 2019年12月

  • 日本地方財政学会,理事(2017~19年度),2017年05月 ~ 2019年05月

  • 日本地域経済学会,2017・18年度選挙管理委員会委員,2017年05月 ~ 2018年12月

  • 日本地域経済学会,第29回仙台大会現地実行委員会委員,2017年03月 ~ 2017年12月