基本情報

写真a

山田 佳奈

YAMADA Kana


職名

准教授

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  文学部  社会学科

    大学,1993年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  情報科学研究科  博士前期課程

    博士課程,1995年03月,修了,日本国

  • 東北大学  情報科学研究科  博士後期課程

    博士課程,1998年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(情報科学),広領域, ,課程

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 岩手県立大学 総合政策学部 ,助手,1998年04月 ~ 2005年03月

  • 岩手県立大学 総合政策学部 ,講師,2005年04月 ~ 2007年03月

  • 岩手県立大学 総合政策学部 ,准教授,2007年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 宮城県総合衛生学院,非常勤講師,1996年04月 ~ 1997年03月

  • 岩手県立宮古高等看護学院,非常勤講師,1999年04月 ~ 2003年03月

  • 岩手県立宮古高等看護学院,非常勤講師,2005年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本フードシステム学会,9999年01月,日本国

  • 日本社会学会,日本国

  • 日本村落研究学会,日本国

  • 東北社会学会,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 社会学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,社会学理論特論

  • 2018年度,地域変動と住民生活II

  • 2018年度,地域変動と住民生活II

  • 2018年度,地域変動と住民生活I

  • 2018年度,地域変動と住民生活I

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 伝統工芸産業の現状と展開,2008年04月 ~ 継続中

    伝統工芸 ,社会学,その他の研究制度

  • 食の持続可能性に関する社会学的研究,2000年04月 ~ 継続中

    食 持続可能性,社会学,その他の研究制度

  • パーソンズ理論における行為システムの研究,1992年04月 ~ 継続中

    パーソンズ,行為システム,社会学,思想史,個人研究

  • 東北地域社会における生活構造分析,

    生活構造,東北地域社会,社会学,機関内共同研究

  • アジア諸地域における生活構造と産業発展の研究,

    アジア,生活構造,産業発展,社会学,機関内共同研究

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,コミュニケーションと社会システム―パーソンズ・ハーバーマス・ルーマン―,恒星社厚生閣,1997年03月,佐藤勉、ほか13名

    単行本(学術書),第一部第三章「ヴォランタリスティック行為理論の論理構造」,共編著

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,(共著)Current Issues and Problems Local Food System in Japan: A Case Study of Farm-to-School Program in Tohoku Region, Iwate Prefecture

    岩手県立大学盛岡短期大学研究論集11号 (頁 49 ~ 56) ,2009年03月

    MISUDA Yoshinobu, YAMADA Kana, and SATO Koya

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,「生態農業」における個と集団-中国河北省邢台市邢台県前南峪経済試験区の事例-

    岩手県立大学総合政策学会『総合政策』第5巻第1号,第5巻 第1号 (頁 32 ~ 46) ,2004年01月

    細谷昂、米地文夫、平塚明、佐野嘉彦、小林一穂、佐藤利明、劉文静、山田佳奈、吉野英岐、徳川直人

    研究論文(その他学術会議資料等),32-46頁,共著

  • 日本語,「秩序問題」における<関係性>の視角

    東北社会学研究会『社会学研究』第68号第68号 ,2000年10月

    山田 佳奈

    研究論文(その他学術会議資料等),単著

  • 日本語,行為システム理論の射程に関する一考察―パーソンズ理論における歴史的アプローチの可能性―

    『総合政策』,1巻 3号 (頁 365 ~ 375) ,1999年07月

    山田 佳奈

    研究論文(学術雑誌),単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 2006年度 日本フードシステム学会大会,学会,2006年06月,食のネットワーク化に関する現状と課題 - 「食の持続可能性」に向けた社会学的接近の一試論 -,口頭(一般)

  • 第51回日本農村生活研究大会/第31回東北農村生活研究大会,学会,2003年10月,「地域」から見た「食」の持続可能性-沖縄-岩手の交流を事例として-,口頭(一般)

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 分担執筆(報告書)『宮古市区界の地域振興に係る調査研究 報告書』,2013年01月 ~ 2014年03月

    調査報告書

  • 「岩手の伝統野菜と食~南部領内の菜・豆類の記録より~」(「いわて資源・環境・生活史プロジェクト 平成25年度 研究成果報告書」内),2012年04月 ~ 2014年03月

    資料紹介

  • 分担執筆(報告書)『浄法寺漆を核とした地域活性化の調査・検討報告書』,2008年04月 ~ 2012年03月

    調査報告書

  • 分担執筆(報告書)『平成17年度~19年度 岩手県立大学 全学プロジェクト 少子・高齢研究プロジェクト 研究報告書』内),2005年04月 ~ 2009年03月

    調査報告書

  • 海外での研究活動,2004年04月 ~ 2005年03月

    その他

全件表示 >>

財団研究費及び全学プロジェクト等研究費 【 表示 / 非表示

  • 岩手県立大学,2005年04月 ~ 2008年03月,少子・高齢研究プロジェクト

    共同
    倉原宗孝、窪幸治(ただし学部グループの共同研究者として)
    平成18年度の学部グループ予算として

  • 岩手県立大学,2005年04月 ~ 2008年03月,持続可能な農村の担い手存立に関する社会学的研究-EUと日本のCSA比較研究

    共同
    三須田善暢、佐藤幸也

  • 財団法人岩手県学術研究振興財団,2001年04月 ~ 2002年03月,地域産業の進展と地域連携の可能性に関する実証的研究-岩手県と沖縄県の事例を中心に-

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • ワーキング・ペーパー『少子高齢社会における地域生活の現状と課題 -「情報,2006年11月 ~ 2007年03月,その他

  • アジア地域の変容に対応する地域整備と環境保全に関する比較研究,2001年04月 ~ 2004年03月,その他

  • アジアにおける地域発展と環境問題に関する比較研究,1998年04月 ~ 2001年03月,その他

 

地方自治体、企業などにおける活動 【 表示 / 非表示

  • 盛岡国際交流協会(理事),2014年04月 ~ 継続中

  • 岩手地方労働審議会,2013年11月 ~ 継続中

  • 盛岡市公民館運営審議会委員,2012年04月 ~ 継続中

  • 国有財産東北地方審議会,2011年12月 ~ 継続中

  • 岩手県県営建設工事入札契約適正化委員会,2011年11月 ~ 継続中

全件表示 >>

一般教育 【 表示 / 非表示

  • 講師(平成22年度 岩手県立大学公開講座「時を味わう~食と器を次世代に受け継ぐ営み~」),2010年07月

  • 講師(盛岡市立図書館・科学談話会「食べものをつなぐということ」),2008年10月

  • 講師(岩手県立大学公開講座・食産業ネットワーク公開講座「食の「地域ブランド」」),2008年03月

その他の社会・地域貢献 【 表示 / 非表示

  • 非常勤講師(盛岡大学)「コミュニティと食」,2013年09月 ~ 継続中

  • 岩手県立宮古高等看護学院 非常勤講師 (担当課目:社会学),2005年01月 ~ 継続中

  • 学術誌『International Journal of Agricultural Sustainability』の編集者として参画,2005年01月 ~ 継続中

  • 岩手県立宮古高等看護学院 非常勤講師 (担当課目:社会学),1999年01月 ~ 2003年12月