基本情報

写真a

バサビ チャクラボルテイ

BASABI Chakraborty


職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

019-694-2580

研究室FAX

019-694-2573

出身大学 【 表示 / 非表示

  • インド カルカッタ大学物理学(主)理学学士   物理学

    大学,1975年06月,卒業,インド

  • インド カルカッタ大学電気通信及び電子工学学部卒業 (工学士)   電気通信学部

    大学,1978年10月,卒業,インド

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • インド カルカッタ大学放射線物理学電子工学専攻  電子工学専攻修了(博士)

    博士課程,1994年01月,修了,インド

  • 東北大学  情報科学研究科  システム情報科学専攻

    博士課程,1996年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学学士,生物物理・化学物理・ソフトマターの物理,インド カルカッタ大学,課程

  • 工学士,制御・システム工学,インド カルカッタ大学,課程

  • 工学修士,制御・システム工学,インド カルカッタ大学,論文

  • 工学博士,制御・システム工学,インド カルカッタ大学,論文

  • 博士(情報科学),感性情報学,東北大学,論文

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 ,講師,1998年04月 ~ 2002年03月

  • 岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 ,助教授,2002年04月 ~ 2007年03月

  • 岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 ,准教授,2007年04月 ~ 2013年03月

  • 岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 ,教授,2014年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • インド統計研究所(機械学習研究室) ,研究員,1981年03月 ~ 1987年02月

  • インド統計研究所コンピュータ科学部門 ,講師,1987年03月 ~ 1991年03月

  • AIC systems Laboratories(仙台) ,非常勤研究員,1991年04月 ~ 1996年03月

  • 通信・放送機構,外国人研究員,1996年04月 ~ 1997年03月

  • 東北大学電気通信研究所 ,研究支援推進員 ,1997年04月 ~ 1998年03月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度,知能システム演習Ⅱ

  • 2019年度,知能システム演習Ⅱ

  • 2019年度,知能システム演習Ⅰ

  • 2019年度,知能システム演習Ⅰ

  • 2019年度,計算モデル論

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 研究科の研究指導補助(他の研究室の学生),2006年04月 ~ 2007年03月

  • Preparation of Lecture notes for システム演習B, C,2006年04月 ~ 2007年03月

  • 研究科の研究指導補助(他の研究室の学生),2005年04月 ~ 2006年03月

  • Preparation of Lecture notes for 知能機械,2005年04月 ~ 2006年03月

  • 研究科の研究指導補助(研究室の学生),2004年04月 ~ 2005年03月

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,Temporal Awareness of Needs after East Japan Great Earthquake using Latent Semantic Analysis,Information Modelling and Knowledge Bases XXV,2014年,Takako Hashimoto, Basabi Chakraborty, Tetsuji Kuboyama,Yukari Shirota

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Particle Swarm Optimization Algorithms and its Hybrid Variants for Feature Subset Selection,Handbook of Research on Computational Intelligence for Engineering, Science, and Business,2012年11月,Basabi Chakraborty

    単行本(学術書),単著

  • 英語,Computational Intelligence and Pattern Analysis,Handbook of Research on Social and Organizational Liabilities in Information Security,2010年,Basabi Chakraborty

    単行本(学術書),単著

  • 英語,The Sense of Security and Trust,Liabilities in Information Security,2009年,Yuko Murayama,Natsuko Hikage,Basabi Chakraborty,Carl Hauser

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Feature Subset Selection by Neuro-Rough Hybridization ,Lecture Notes in Computer Science, Volume2005,Springe,2001年01月,Basabi Chakraborty 

    その他,519--526,単著

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語, A review on the research status about application of cognitive load theory in CSCL

    submitted to the journal ,2013年08月

    L. S. Chen, X. Zhou, Basabi Chakraborty

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Feature Subset Selection Using Hybrid Particle Swarm Optimization

    ICIC Express Letters, Volume 6,2012年03月

    Basabi Chakraborty

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Symbiotic Computing Based Aprroach Towards Reducing Burden Due to Information Explosion

    Journal Information Processing ,2012年01月

    Norio Shiratori, Kenji Sugawara, Yusuke Manabe, Shigeru Fujita , Basabi Chakraborty

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Efficient On-line Handwritten Signature Verification by Integrating DTW and Proposed Local Dynamic Similarity Measure

    Journal of SOFT,2012年

    Yusuke Manabe , Basabi Chakraborty

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語, Social Media Analysis- Determing the Number of Topic Clusters from Buzz Marketing Sites

    International Journal of Computational Science and Engineering (IJCSE),2012年

    Takako Hashimoto, Basabi Chakraborty , Yukari Shirota

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • iCAST 2011,国際会議,2014年09月,A real time angle aware face recognition system based on artificial neural network,口頭(一般)

  • ICDS2014,国際会議,2014年03月,Detecting New Concepts in Social Media using Co-burst Pattern Mining,口頭(一般)

  • SIGFPAI93,国際会議,2014年03月,Time series classification using delay embedding approach,口頭(一般)

  • ICST 2013,国際会議,2013年12月,Feature Selection for Pattern Analysis and mining of Sensors' data,口頭(一般)

  • iCAST 2013,国際会議,2013年11月,Assessing Social Awareness from Social Networks ,口頭(一般)

全件表示 >>

財団研究費及び全学プロジェクト等研究費 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月 ~ 2007年03月,ソフトコンピュー手イング技術を用いた医療用画像解析支援システム

  • 2005年04月 ~ 2006年03月,インタラクティブEラ―ニングにおけ知識の交換と管理のためソフトウエアシステム開発に関する研究

  • 2003年04月 ~ 2004年03月,オンライン手書き文字認識における個人適応性を持つシステムの設計及び開発の研究 

  • 2002年04月 ~ 2003年03月,オンライン手書き文字認識における適応性のシステムの研究

  • 2001年04月 ~ 2002年03月,知的な情報処理技術の総合の研究 

全件表示 >>

 

学会における活動 【 表示 / 非表示

  • ICPAR 2007 ,2007年01月

  • CODEC 2006,2006年12月

  • CODEC 2003,2004年01月

  • Intelligent Computing and VLSI,2001年02月

  • Pattern Recognition, Neurocomputing,2000年04月 ~ 継続中

全件表示 >>