基本情報

写真a

平野 昭彦

HIRANO Akihiko


職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 千葉大学  看護学研究科  看護学

    修士課程,1998年03月,修了,日本国

  • 岩手県立大学  看護学研究科  実証看護技術学領域

    博士課程,2013年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(看護学),基礎看護学,千葉大学,課程

  • 博士(看護学),実証看護技術学,岩手県立大学,課程

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 岩手県立大学 看護学部 ,講師,1998年04月 ~ 2005年03月

  • 岩手県立大学 看護学部 ,助教授,2005年04月 ~ 2008年03月

  • 岩手県立大学,准教授,2008年04月 ~ 2017年03月

  • 岩手県立大学 看護学部 ,教授,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • コ・メディカル学会,2013年10月 ~ 継続中,日本国

  • 看護理工学会,2013年06月 ~ 継続中,日本国

  • 岩手看護学会,2007年07月 ~ 継続中,日本国

  • 日本看護学教育学学会,1998年01月 ~ 継続中,日本国

  • 日本災害看護学会,0001年01月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 基礎看護学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,実証看護技術学特別研究(看護援助実証学)

  • 2018年度,実証看護技術学特別研究(看護援助実証学)

  • 2018年度,看護援助実証特論

  • 2018年度,看護援助実践論

  • 2018年度,基礎・管理看護学研究(看護援助学)

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • PBL(Problem Based Learning)看護演習の学生評価による授業効果の検討,2006年12月

  • 共通教育科目「基礎教養入門」「学の世界入門」をPBLによる教育方法で行った。,2006年04月

  • 岩手県立大学実践報告 「PBL看護演習」の紹介,2006年03月

  • 看護援助技術論Ⅰ・Ⅱにおける技術テストの導入と学生の評価に関する調査,2006年03月

  • 看護系各大学におけるPBL教育の取り組み「岩手県立大学におけるPBL教育の取り組み」,2005年12月

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 基礎看護技術教育方法に関する研究,1999年01月

    基礎看護技術,教育方法,基礎看護学,機関内共同研究

  • 岩手県における患者行動と看護技術の特徴に関する研究,1998年01月

    岩手県,患者行動,看護技術,基礎看護学,機関内共同研究

  • 看護上の問題抽出過程の構造に関する研究,1997年01月

    看護上の問題,抽出過程,構造,基礎看護学,個人研究

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,症状・徴候別アセスメントと看護ケア,医学芸術社,2008年02月,池松裕子,山内豊明,他

    単行本(学術書),11.感冒症候群,共著

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,被災地で支援活動を行う保健師の思いと活動の実際~岩手・宮城内陸地震の体験から~

    日本災害看護学会誌,16巻 2号 (頁 36 ~ 45) ,2014年12月

    田口美喜子,蘇武彩加,三浦まゆみ,平野昭彦,他

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,吸引痰中に含まれる組織片の分析による気管粘膜損傷の推定方法に関する基礎研究

    形態・機能,12巻 2号 (頁 69 ~ 74) ,2014年03月

    平野昭彦,武田利明

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 日本語,栄養状態が気管内吸引による粘膜損傷に及ぼす影響についての基礎研究-ウサギ気管を用いた検討-

    岩手看護学会誌,4巻 2号 ,2010年12月

    平野昭彦

    研究論文(学術雑誌),単著,基礎看護学,臨床看護学

  • 日本語,気管吸引圧の安全性に関する基礎的研究―ウサギ気管を用いた粘膜損傷の検討―

    岩手県立大学看護学部紀要,11巻 (頁 95 ~ 102) ,2009年03月

    平野昭彦,武田利明,小山奈都子,石田陽子

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著,基礎看護学

  • 日本語,岩手県と三重県の一地域における患者‐看護師関係の特徴に関する研究―外来患者への質問紙調査による比較から―

    岩手県立大学看護学部紀要Vol.9,2007年03月

    平野 昭彦,三浦まゆみ,菊池和子,以下3名

    研究論文(その他学術会議資料等),10頁,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,吸引による粘膜損傷は設定圧で検討すべきか、それともカテーテル孔に加わる陰圧か?,メヂカルフレンド社,看護技術,60巻 2号 (頁 82 ~ 85) ,2014年02月,平野昭彦

    総説・解説(商業誌),単著

  • 日本語,失敗例12 しつこく吸引したら低酸素状態になってしまった,メヂカルフレンド社,看護技術,59巻 7号 (頁 39 ~ 41) ,2013年06月,平野昭彦

    総説・解説(商業誌),単著

  • 日本語,失敗例10 鼻腔吸引時、カテーテルに抵抗を感じつつも挿入を続けたため、鼻出血が生じてしまった,メヂカルフレンド社,看護技術,59巻 7号 (頁 33 ~ 35) ,2013年06月,平野昭彦

    総説・解説(商業誌),単著

  • 日本語,失敗例11 急いで吸引したら血液が引けてしまった,メヂカルフレンド社,看護技術,59巻 7号 (頁 36 ~ 38) ,2013年06月,平野昭彦

    総説・解説(商業誌),単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本看護技術学会第16回学術集会,国際会議,2017年10月,日本赤十字看護大学(東京),出身大学の教育に参加することによる卒業生自身への効果ー客観的臨床能力試験の評価者を経験してー,ポスター(一般)

  • コ・メディカル形態機能学会第16回学術集会,学会,2017年09月,気管内吸引による粘膜損傷に栄養状態が及ぼす影響についての基礎的研究(第2報),ポスター(一般)

  • 第9回岩手看護学会学術集会,学会,2016年11月,岩手県立大学,4年次看護技術統合演習における客観的臨床試験の評価―評価者として参加した卒業生のアンケートから-,口頭(一般),基礎看護学

  • 第9回岩手看護学会学術集会,学会,2016年11月,岩手県立大学,4年次看護技術統合演習における客観的臨床試験の評価-模擬患者のアンケートから-,口頭(一般),基礎看護学

  • 第9回岩手看護学会学術集会,学会,2016年11月,岩手県立大学,看護技術統合演習にOSCE(客観的臨床技能試験)を導入した評価―学生アンケートから―,口頭(一般),基礎看護学

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 気道内吸引における安全性に関する研究 ,2004年01月

    調査報告書

  • 難治性褥瘡発生予測スケールの確立に関する基礎的研究 ,2004年01月

    調査報告書

  • 看護技術の科学的根拠とその教授方法に関する基礎的研究 ,2002年09月

    調査報告書

  • 難治性褥瘡発生予測スケールの確立に関する基礎的研究 ,2002年09月

    調査報告書

  • 岩手県における患者行動と看護技術の特徴に関する研究 ,2001年08月

    調査報告書

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,カテーテル孔に加わる吸引圧と吸引痰の細胞学的分析による安全な吸引圧の臨床研究

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2017年03月,栄養状態が気管内吸引による粘膜損傷に及ぼす影響についての基礎的研究

    栄養状態不良のウサギを作製し、気管吸引実験により健常なウサギと比較して上皮細胞が剥離しやすいという結果を得た.その理由として栄養不良になることによって、①上皮細胞と基底細胞とを接着するラミニンが減少することによる接着の脆弱化が生じること,②基底膜を構成する主要成分であるⅣ型コラーゲンの減少による基底膜の脆弱化が生じること,③基底膜と結合組織とを接着するフィブロネクチンの減少による接着の脆弱化が生じること,が考えられた.本研究ではこの仮説を検証するため,基底膜中のⅣ型コラーゲンとラミニンの量,粘膜固有層のファイブロネクチンの量を健常ウサギと低栄養ウサギで比較し差異を検討する.

  • 基盤研究(C),2006年06月 ~ 2008年03月,気管内吸引圧の安全性に関する臨床研究-吸引内容の細胞学的分析による検討-

    共同研究者:武田利明,小山奈都子,石田陽子,高橋有里,井上都之
    1.粘膜損傷が基底膜まで達した場合、剥離した粘膜細胞形態の分析
    1)電動式吸引器と吸引カテーテルの間にスペシメンコレクションコンテナーを接続する。2)深麻酔後、致死させたウサギの気管を摘出し、気管粘膜にカテーテルを当て、基底膜まで達する粘膜損傷が起こる高い吸引圧で吸引を行う。3)この時スペシメンコレクションコンテナーに回収された内容を喀痰検査に出しスライド作製を依頼する。4)これを顕微鏡で観察し、細胞の形態を分析する。5)吸引した気管粘膜を切り出し標本カセットに入れ、ホルマリン液に漬けて固定した後、病理標本の作製を依頼する。6)標本スライドを病理組織学的に粘膜損傷の程度を検索し、確認する。
    2.臨床で実際に吸引中のカテーテルの孔にかかる吸引圧の推定
    1)臨床で吸引中の吸引器圧メーターの吸引圧の推移および看護者のカテーテル操作の様子をビデオカメラで撮影する。2)設定圧と吸引器圧メーターが示している値の関連から、カテーテル孔がどのような状態で気管・気管カニューレの中にあるのか(いくつの孔が塞がっているのか)と分泌物または気管粘膜に接している孔にかかっている吸引圧を推定する。
    3.2の吸引時における粘膜損傷の程度の推定
    1)2で吸引する時、カテーテルと吸引器の間にスペジメンコレクションコンテナーを接続し対象者の吸引内容を採取する。この時スペシメンコレクションコンテナーに回収された内容を喀痰検査に出しスライド作製を依頼する。2)吸引内容を顕微鏡で観察し、粘膜損傷の有無及びその程度を1の結果から推定する。
    4.基底膜まで達する粘膜損傷を起こす危険のある吸引圧を検討する。
    2で吸引した対象者の肺疾患の有無、肺感染症の有無、栄養状態、吸引回数、カテーテル操作方法等の粘膜損傷に影響を及ぼすと考えられる要因をケースごとに収集する。3の結果について、1)を考慮して基底膜まで達する粘膜損傷を起こす危険性のある吸引圧を総合的に検討する。

  • 独立行政法人日本学術振興会 ,2006年05月 ~ 2007年03月,気管内吸引圧の安全性に関する臨床研究-吸引内容の細胞学的分析による検討-

    気管内吸引圧の安全性に関する臨床研究-吸引内容の細胞学的分析による検討-
    共同
    平野 昭彦,武田利明,小山奈都子,石田陽子,他1名

  • 独立行政法人日本学術振興会 ,2005年04月 ~ 2006年03月,気管内吸引の安全性に関する基礎的研究-吸引圧と粘膜損傷の関連性-

    気管内吸引の安全性に関する基礎的研究-吸引圧と粘膜損傷の関連性-
    共同
    平野 昭彦,武田利明,小山奈都子,石田陽子,他1名

全件表示 >>

財団研究費及び全学プロジェクト等研究費 【 表示 / 非表示

  • 全学研究費 地域貢献調査活動研究,2008年04月 ~ 2010年03月,岩手県の看護職者のニーズに合致した災害エキスパートナース養成研修会カリキュラムの検討

    3年間の研究から平成19年度に作成した災害エキスパートナース養成カリキュラムを活用した災害看護研修会を開催して、カリキュラム内容の妥当性をさらに検討する。また、被災者ニーズ、支援活動の調査を行い、カリキュラム内容となる基礎資料を収集する。

  • 地域課題研究,2007年05月 ~ 2008年03月,岩手県民の地域防災力を向上させるための研修カリキュラム開発

    岩手県在住の看護師を対象とした災害支援ナース育成のための教育カリキュラムを開発する。

  • 全学プロジェクト等研究費,2006年06月 ~ 2007年03月,岩手県の地域防災能力を向上させるための研修カリキュラム開発に関する研究

    岩手県の地域防災能力を向上させるための研修カリキュラム開発に関する研究
    共同
    平野昭彦,石井トク,三浦まゆみ,以下3名

  • 全学プロジェクト等研究費,2005年06月 ~ 2006年03月,岩手県の地域防災能力を向上させるための研修カリキュラム開発に関する研究

    岩手県の地域防災能力を向上させるための研修カリキュラム開発に関する研究
    共同
    平野昭彦,石井トク,三浦まゆみ,以下3名

  • 財団法人岩手県学術研究振興財団,2003年06月 ~ 2004年03月,気道内吸引の安全性に関する研究 

    気道内吸引の安全性に関する研究 
    共同
    平野 昭彦,武田利明,三浦奈都子,石田陽子,以下3名

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 気管内吸引の安全性に関する基礎的研究-吸引圧と粘膜損傷の関連性-,2006年03月,その他

  • 岩手山火山活動の推移と住民・行政の防災意識・対応との関連に関する総合研究,2002年01月 ~ 2002年03月,その他

  • 岩手山火山活動の推移と住民・行政の防災意識・対応との関連に関する総合研究,2002年01月 ~ 2002年03月,その他

  • 岩手山火山活動の推移と住民・行政の防災意識・対応との関連に関する総合研究,2000年11月 ~ 2001年03月,その他

 

地方自治体、企業などにおける活動 【 表示 / 非表示

  • 岩手県准看護師試験委員,2014年04月 ~ 継続中

  • 岩手医科大学附属病院教育担当者研修会,2010年07月

  • 岩手医科大学附属病院教育担当者研修会,2009年06月

  • 平成20年度岩手県看護実習指導者講習会,2008年07月 ~ 2008年09月

  • 平成19年度岩手県看護実習指導者講習会,2007年07月

全件表示 >>

一般教育 【 表示 / 非表示

  • 盛岡市立図書館科学談話会,2018年10月

  • 看護学部公開講座,2011年12月

  • 看護学部公開講座,2010年10月

  • いわて災害エキスパートナース育成研修会の講師,2007年09月

  • 患者と医療者との関係(岩手県立大学公開講座),2006年10月

全件表示 >>

学会における役職等 【 表示 / 非表示

  • 看護理工学会,理事,2017年04月 ~ 継続中

  • 看護理工学会,編集委員会査読委員,2015年04月 ~ 2017年04月

  • 日本看護技術学会,評議員,2008年01月 ~ 2014年03月

  • 日本看護技術学会,選任査読者,2008年01月 ~ 継続中

  • 岩手看護学会,理事,2007年06月 ~ 2013年03月

学会における活動 【 表示 / 非表示

  • 岩手看護学会第11回学術集会,2018年10月

  • 岩手看護学会第11回学術集会,2018年01月 ~ 2018年12月

  • DMⅠ型糖尿病学会,2017年11月

  • 岩手看護学会第10回学術集会 ,2017年10月

  • 岩手看護学会第9回学術集会,2016年01月 ~ 2016年11月

全件表示 >>

その他の社会・地域貢献 【 表示 / 非表示

  • 平成27年度岩手県委託事業 新人看護職員研修 実地指導者研修,2015年11月

  • 平成27年度岩手県委託事業 岩手県新人看護職員研修,2015年10月

  • 平成26年度岩手県委託事業 岩手県新人看護職員研修 実地指導者研修,2014年11月

  • 平成26年度岩手県委託事業 岩手県新人看護職員研修,2014年09月

  • 平成25年度 岩手県立大学アイーナキャンパス事業,2013年10月

全件表示 >>